FC2ブログ

二十歳の微熱

雑記
03 /12 2018

今月に入って以降、花粉症か黄砂か、はたまたPM2.5の影響かわからないのだけど、喉が痛くて鼻づまりやくしゃみに苦しんでいた。

その後37.6℃まで熱があがったので、正体はもしかしたら風邪だったのかもしれない。

葛根湯を飲んで一晩汗をかいたら熱は下がったので、どうやらインフルではなかったようだ。

とはいえ体は案外弱っていたらしくて、今はあちこちにヘルペスが出て辛い。

時々ヘルペスが出ることはあるのだけど、いつもは鼻の下や上唇にしか出ない。

それが今回は目の周りや鼻筋、肩などに出ている。

特に辛いのが目の周りで、目が開きにくいのも困るし、涙は出るし、目やにが酷いし‥‥で気分も滅入る。

前回目の周囲にヘルペスが出たのは15年前の二十歳の時で、時期もちょうど今と同じ3月だった。

地元を離れて四国の大学に通っている頃だった。

わたしは夏休みと正月に実家に帰ることはあっても、春休みは帰らなくて、学生の頃唯一春休みに帰省したのが2回生の春休みだった。

とはいえ実家に帰った早々、目の周囲にヘルペスが出て結局病院通いがメインの淋しい帰省だったのだけれど。

実をいうと、その頃つき合っていた男とは関係が煮詰まりつつあったというか、情熱は冷えて惰性でつき合ってる部分もあって、かすかに「新たな出会いを‥‥」という気持ちがなかったわけでもない。

というより、その彼のことが好きだったから、というよりは「恋愛がしたい」「(誰でもいいから)彼氏が欲しい」という動機でつき合った関係だったから、どこかで断ち切りたい思いがあった。

結局その後3年も関係が続いてしまったのだけれど、情熱はなくとも情はそれなりにあったのだと思う。

(今つき合ってる彼氏が見てるブログにこんなこと書いて、正直アカンと思う。ただ若い頃のダメな恋や嫌な自分、苦い経験があってこそ今の自分がある。そして30越えてから本当の恋愛を知ったという、わたしの想いも伝えたいのだ。)

というわけで、二十歳の春休みに密かに地元で新たな出会いを‥‥という期待があったのだけれど、片目が腫れて目やにがこびりついている状況でアバンチュールが出来るはずもなく、よからぬ思いをとげることは叶わなかった。

ばちがあたった‥‥なんてことも考えたりしたのだけど、実家にいて祖母とゆったり過ごせたことは、むしろ幸せなことだったと思う。

認知症がありつつも春先には穏やかだった祖母が、この年の夏にはせん妄などの症状が見られるようになり、混乱して激昂することもあった。

本格的に我が家は介護生活に入ることになった。

翌年の冬ごろにはかなり落ち着いて、大変な時期は幸い長くはなかった。

理由は祖母のことだけではなかったのだけれど、大学卒業したら実家に帰ることを意識するようになったのはこの頃だった。

漠然と都会暮らしに憧れたり、(決して真剣ではない)見果てぬ夢を見るのではなく、地に足をつけて自分の人生を考え始めたのが二十歳の春休みだった。

(まあ残念ながらその後何年も大人になりきれず、失敗や挫折も経験することになるのだけど。)

思い出は過去の自分と出会う旅。それは未来へと続く旅でもある。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。