25年前の「サヨナラ」

雑記
03 /20 2017


流れる季節に君だけ足りない
はぐれた心の足跡を探す
カバンにつめた悲しい幸せ
遠くへ行くほど君を思い出す

「サヨナラ」/GAO

春は別れの季節、というわけで人事異動の発表なんかもあり、ちょっとセンチメンタルな今日この頃。
念のために断っておくと、彼氏とは相変わらずラブラブしてます。笑

ちなみにこの曲を歌っていたGAOさんは、現在はFtMとして生活されているようです。
そのせいかどうか、どことなくこの歌に出てくる「二人」がLGBTsのカップルのようにも思えます。
現在ほど同性愛やトランスが、一般的に認知されていないバブル前後の日本で、お互い夢を追いながら愛し合っていたゲイやレズビアンの、あるいは片方がトランスのカップル。
若かった二人のどちらかが、夢を諦めなくてはいけなくなり、ノンケとして生活することを選んだ。
そんな情景がどことなく浮かんでもきます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。