遥かなるニューヨク

雑記
07 /12 2015


一般的に日本人は風呂好きというイメージがあり、古代ローマを舞台にした漫画「テルマエ・ロマエ」を描いたヤマザキマリさんも、
イタリア人のご主人に風呂好きをからかわれたのが「テルマエ・ロマエ」を描いたきっかけになったとコミックスの後書きに書いていた。
もう10年以上前だけど、作家の岩井志麻子さんが当時韓国に住んでいた頃、韓国のアパートにはバスタブがない所も多くて(岩井さんのアパートにはシャワー室しかなかったらしい)、
バスタブを買ってベランダに置いていたのをテレビで見たことがある。
日本のアパートだと、小さいながらもバスタブがついているところが多いと思うから、外国に比べるとお風呂に対する意識は高いと思う。
まあワンルームマンションの、ユニットバスを風呂と呼べるのかちょっと疑問だけど。
学生時代はずっとユニットバスだったので、社会人になった時のアパート選びにこだわったのはお風呂とトイレがセパレートになっているかどうかだった。

そうはいっても、一人暮らしのアパートに風呂がついているのが普通というのも、多分ここ30年ぐらいのことだと思う。
1970年代のフォークソング「神田川」では同棲してる二人が銭湯に行く様子が歌詞に書かれているのは有名だし、
もっと後の時代、バブル経済に突入した1987年に連載がスタートした漫画「白鳥麗子でございます」で主人公の麗子さんと哲也くんが住んでるアパートにもお風呂はなかった。
(それこそ麗子さんが「神田川」歌いながら銭湯の前で哲也くんを待ってるシーンもあった)。
さすがに一戸建てやファミリー向けマンションにはもっと以前から風呂は普及していただろうけど、80年代にはまだ風呂なしアパート文化(?)の名残があったんじゃないかな。

そもそも日本人の風呂好き文化が、古代ローマに匹敵するほどとは思えない。
ローマ帝国の時代は、まだ日本は弥生時代だから比較するのはさすがに無理があるにしても、銭湯などの入浴文化が一般的になるのは近世に入ってからだ。
幕末の大奥では、降嫁した皇女和宮が入浴を嫌がり、10日に1度しか入浴しなかったっていうエピソードもある。
ちなみに和宮と対立した姑天璋院篤姫は風呂好きで、毎日朝晩入浴していたらしい。
恐らく京の皇族や公家には江戸末期になっても入浴する文化は一般的ではなかったのだろう。
風呂好きだった江戸の町人だって、果たして毎日銭湯に通う余裕があったのかなぁ?
ましてや農村部なんて風呂どころじゃなかったと思うし。

ちなみに「風呂」という言葉自体はもっと前の時代からあったようだけど、それは「蒸し風呂」のことであり、現代風にいえばミストサウナのことだ。
平安時代の貴族は年に数回、この蒸し風呂に入って汗をかき、行水して身を清めていた。
わたしは平安時代が大好きで、華やかな貴族文化には物凄い憧れがあるのだけど、お湯に浸かれないのは無理だなぁ。
そりゃ石鹸やシャンプーないのは仕方ないけどさ。

わたしはもしタイムマシンあるなら、清少納言に入浴の素晴らしさを伝えにいくと思う。
多分なのだけど、美意識の高い清少納言なら絶対に現代風の入浴を気に入るように思える。
お湯を使ってきれいに洗髪したサラサラヘアを見たら「いとうるはし」なんて形容するんじゃないかな。

平安時代は貴族の間で男色も盛んだった。
権力闘争と密接に結びついていたし、現代の同性愛とはちょっと異なるのだけど、ヤることは現代とそんなに変わらないと思う。
セックスと知性が男の武器だった時代ってのは、何とも魅惑的なんだけど、多分清潔にはほど遠いセックスだったと思う。
やはり貴族の貴公子には入浴と浣腸(失礼‥‥)の仕方を教えてあげたい。
平安時代の男性も、恐らく清潔な男の体の方がよかったと思う。

‥‥なーんてことを考えてると温泉に行きたくなったな。
うん、今度の休みは温泉に行こう。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。