「涙のリクエスト」をリクエスト!

雑記
08 /29 2014
まずはこちらを読んでいただきたい。

きっこのブログ
「昭和の切なさ、平成の悲しさ」
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/81533/76405/75308947

チェッカーズの「涙のリクエスト」を引き合いにして、「昭和」と「平成」の2つの時代を比較している。
この曲は1984年の1月にリリースされた曲なので、ちょうど今から30年前にヒットしている。
当然だがわたしはこの曲がヒットした頃は1歳3カ月だったので、覚えてるわけがないんだけど、「ギザギザハートの子守唄」やこの曲は知っている。
個人的には「チェッカーズ」より、ソロ歌手や俳優としての藤井フミヤの方が馴染みがあるけど、割とこの曲は好きな方だ。
映画のワンシーンを切り取ったような歌詞もいいし、メロディや曲のアレンジが古いR&Bやアメリカのポップスっぽくてオシャレな感じがする。
多分1984年の人たちにとっても、オシャレな曲だったと思う。

ちなみにこの曲がどういうストーリーかっていうと、
恋人にフラれた男の子が、元恋人に「俺はまだお前のことが好きだ」って伝えたくて、
二人の思い出の曲を深夜ラジオに電話リクエストしてるという内容だ。
恐らく家の電話から、ラジオ局にリクエストしているのではなく、公衆電話でかけていると思われる。
「最後のコインに祈りをこめてmidnight DJ」だからね。
多分、何回も電話リクエストしたけど、ことごとくボツになったから「最後のコイン」なんだろう。

「きっこのブログ」のきっこさんも書いているのだが、たかだか「まだ好きだよ」って伝えるのに、何という手間がかかっているんだろう!
まず、リクエストが通って曲がかからないといけない。
曲がかかっても、その伝えたい相手がラジオを聴いてなきゃいけないし、ついでにそのラジオ番組でなきゃいけない。
仮にその条件が整ってたとして、彼女がその曲を「まだ好きだよ」ってメッセージと受け取ってくれるのか……。
手間暇かかるとか、まどろっこしいっていうより、ほとんど奇跡だよね。
せめてハガキのリクエストなら、DJが
「○○県にお住まいのラジオネーム××さんからお手紙いただきました。××さんはまだ好きな昔の彼女にメッセージがあるそうです」とか読んでくれるんだろうけど、電話リクエストだと難しいよね……多分。

今だったらLINEやらSNSやらメールやらで、簡単にメッセージ送れるのにな、昔は大変だったな……なんて思うんだけど、
個人的には1984年の人もこの曲を聴いて「何てまどろっこしいんだろう」と思ったんじゃないだろうか。
確かにスマホもなけりゃパソコンもない時代で、メールも通話アプリもない。
ついでにいうと留守番電話もファックスもなくて、想いを伝える手段は今よりずっと少なかった。
自宅の電話もコードレスじゃないだろうから、自分の部屋で長電話するのも難しかったと思う。

でもさ、1984年にも電話自体はあったわけだし、手紙も送れるし、直接会って話すことも出来るし、共通の友人を介して話してもらうとか、いくらでも気持ちを伝える手段はあっただろう。
当時の若者だったら、アマチュア無線とか流行ってたし、中にはそういう手段で伝えたりした人もいると思う。
ラジオのリクエストで想いを伝えるってのは、1984年の若者もあまりしなかったんじゃないだろうか。

だとしたら、何故この曲の主人公はこんなまどろっこしい手段を使ったのだろう。
思うに、自宅に電話しても取り次いでもらえなくて、運よく本人が出てもぶちっと切られちゃう状況で、
手紙を出しても読まずに捨てられちゃって、友達にも協力をあおげず、直接会って話すなんて無理ってシチュエーションじゃないか。
つまりは、彼女に本当に嫌われちゃってるって状況。

「オレの送った銀のロケット 今では違う誰かの写真」

もう彼女には別の恋人がいて、主人公が贈ったロケットの中にその人の写真が入っている。
もしかしたら、
「私には新しい彼もいるの。あなたとは終わったの。二度と私の前に現れないで!」
なんて言われちゃってるのではないか……?

つまりは「絶対に振り向いてくれない状況」で、それでもどうしても想いを伝えたくて、ラジオのリクエストという方法を選んだんだと思う。
作詞した人としては、「絶対に振り向いてくれない相手に、気持ちが伝わる奇跡」を「ラジオのリクエストが通って、それをたまたま彼女も聴いてくれる奇跡」を通して表現したんじゃないかな。

時代によって、あるいは世代によっても音楽の受け取り方は異なるもので、恐らく今の若い子にとってはちょっとチンプンカンプンかもしれないし、
ある程度物わかりのいい子でも「昔の恋愛って大変だったんですよね」って感想だと思う。
リアルタイムでこの曲を聴いたきっこさんも、わたしもそうだったのだけど「昔は大変だったよな」っていう感想が先に立つけれど、
この曲がリリースされた時代の人がどう受け取ったか、色々想像力をはたらかせると見えてくるものってあると思う。
人によっては、この時代の深夜ラジオが若者にとってどんなものだったかとか、そういうのに着目するかもしれない。

ところで、今の若い子は「絶対に振り向いてくれない相手」に、「どうしても想いを伝えたい」場合、どうやって伝えるんだろうか。
携帯も着信拒否、メールも受信拒否、ありとあらゆるSNSは全部ブロックされて、取り次いでくれる友達もいない。
もちろん手紙読んでもらえず、自宅に電話も出来ないとしたら、どうするんだろ?
ファックスなんか送って、彼女の家族に見られたら、恥をかくどころじゃすまないだろうし。

アッサリ諦める人がほとんどだろうね。
だってそんだけ嫌われてる状況で、まだ好きだって相手に伝えたいなんて、ストーカーみたいなもんだよ。笑
若者の、恋愛に対するスタンスも1984年と2014年では異なっていると思う。
「涙のリクエスト」はいい曲だけど、多分今の若い子たちには伝わるものがあまりないだろうな。
これは悲しいことのような気もするけど、本来流行歌って「時代をうまく切り取る」のも一つの魅力だと思う。
普遍的にいつまでも歌いつがれる曲だけがいい曲だとは思わない。
タイムカプセルみたいにその時代を知る手がかりにもなる。

こらからも色んな歌がヒットして、それらはすぐに色あせてしまうんだろうけど、聴いた人の心に何かを残していくのだと思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。