スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S57です

未分類
08 /08 2014
最近Twitterや、ゲイアプリやらで、「170 58 H4です」みたいなプロフィール表記を目にすることが多い。
自己紹介する時に「身長体重年齢」を申告するのは、わたしたちの世代でもそうだったし、
おそらくわたしより上の世代のゲイでもそうだったと思う。
変な習慣にも思えるけど、タイプかそうでないかを、瞬時に選別するゲイ特有の伝統芸であり、文化みたいなものでもある。
そりゃまあ、別にいいんだけど、以前は素直に「22才です」だったのが「H4です」って言われちゃうもんだから、最初聞いたときは「はい???」って反応しちまった。
わたしが知る限り「S58です」って自己紹介してる人は見たことないので、多分平成生まれ世代独特の習慣だと思う。

何で「年齢」じゃなくて「生まれ年」を名乗るのかわけがわからなかったけれど、うちの彼氏(ちなみに彼もH2)の一言で謎はとけた。
「平成生まれのいいところは、平成○○年から生まれ年を引いたら、すぐに年齢がわかることだよ」
とのこと。
例えば今年は平成26年だから「H2」なら「26-2=24」なわけで、今年24才ってことが計算しやすい。
なるほどなあ、確かに便利だしプロフィールで「H4」とか書いてるのもわかる気がする。
「○才です」って書いちゃうと、毎年の誕生日に年齢を更新しないといけなくて面倒だけど、「H○です」だったら、更新しなくてもプロフィール見た人が勝手に計算してくれる。
昭和生まれの人が、この表記を使わないのも納得だ。

こういうのは些細なことなんだろうけど、昭和世代のゲイと、平成世代のゲイでは習慣も考え方も変わってるんじゃないかなと思う。
出会いを取り巻く環境とか、情報量とか、社会の変化とか、色々なものがここ10数年で様変わりした。
数年前から、地元でも手を繋いで歩くゲイカップルやビアンカップルとおぼしき二人組を見かけるようになった。
基本的には悪い方向にではなく、いい方向に変化していると思う。

と、まあしみじみと時代の流れを語るわたしだけれど、「S57」のわたしは「昭和生まれの平成育ち」であり、
あまり昭和世代として語る思い出もないのよね。
SNSやアプリはなかったけれど、別に雑誌の文通欄やダイヤルQ2で出会っていた世代でもない。
昭和ゲイと平成ゲイの間の、結構宙ぶらりんな位置にいる。
まあ「過渡期」ってとこだね。

どっちつかずな立ち位置が案外楽しいってこともあると思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。