スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さ迷うキャリア

未分類
07 /27 2014
このブログを開設当初から読んでる人……いないよね?

じゃあ数年前から定期的に読んでる人……いないよね?

何年間に時々、思い出したように読んでる人……一人ぐらいはいる?

どんどん更新は稀になっていくものの、それでも続けているブログですが、
2000年代半ばから後半にかけては、わりと頻繁に更新している時期もありました。
意外と記事の数は膨大で、全部読もうと思ったら結構労力がいるのですが、多分そんなこと一生懸命やる奇特な人はいないでしょう。

で、もし仮にこのブログをずーっと読み続けてる人がいたら……と仮定して、その人がこのブログの著者であるわたしに、どんな印象を持っているか……を推測すると、恐らく

「色んな仕事をやってる人だな」

だと思うのです。

わたしは大学を卒業した2005年、新任教師の時からこのブログを始めています。
契約講師の仕事がなくなってからは、塾講師をしつつ、郵便局で短期アルバイトしつつ、携帯電話ショップで働いてみたり、長続きせず無職になったり、
2007年に書店員になってからは、それを続けていましたが、今年の春に転職しました。
きわめて「現代の若者」らしく、転職を繰り返してきたわたしです。

短期間で仕事変えまくってるのは、2006~2007年頃ですが。
新卒で入った会社で、何年も働き続ける人たちは明らかに異なる人生を歩んでいます。
その当時このブログを読んでいた人たちの中には、きつい言葉の一つも残したくて、でも残せずにいて、このブログの存在を頭から抹消した人もいるかもしれない。

悲しいかな、仕事とか働くとか、何一つわかってはいなかった。
学生気分のまま社会に放り出されて、抜け出せないまま何年もさ迷い続けていた。
根本的に何が間違っているのか、知ることもなく「変わらなきゃ」「成長しなきゃ」の脅迫のもとに、焦ったり慌てたりの、何年間を過ごしていたと思う。

無駄に過ごしてしまった時間もたくさんあるけど、でもわたしはこの時間なくして、今のわたしはなかったと思うのです。
負け惜しみだけどね。
そうでも思わなきゃやってらんないぐらい、いやなことも、やってらんないって思うこともあった。

多分、わたしはダメな人。
成功とは一番かけ離れていて、ダメすぎて失敗例としてあげるのも躊躇するぐらい。

でも生きてきた。
逞しくも強かでもなく、生きてきた。
たくさん痛い目を見て、たくさん恥をかいて、たくさんダメな姿をさらして、
必死に生きようともがいてきた。

転職回数なんて誇れるものじゃない。
でもその数字のなかに、一生懸命生きてきた自分の姿が見える。
誰になんと言われようと、わたしはがんばってきたんだよね。

7年間働いてきた本屋の仕事を辞めるのは、それなりに大きな決断だったけれど、
今年の4月から福祉の仕事を始めた。
3ヶ月が過ぎ、ようやく慣れてきた……って言いたいところだけど、またまだ。
新卒の子と同じように葛藤している。

10年目にして、この安定した危なっかしさ。
長期の読者様、どうぞ見守って下さいませ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。