2014年ブログの旅

未分類
01 /30 2014
このブログを続けてかれこれ9年近く経っていることに気がついた。
続けているというよりは、単に閉鎖していないだけのようにも思えるが、
それでも一年に一回も記事を書かないってことはないので、一応きちんと続けている。
その間mixiやらFacebookやらTwitterやらSNSにいくつも手を出した。
別にSNSやブログを駆使しているナウなヤング(死語ですね、ハイ)を気取ってるわけじゃないけど、何となく書きたいことはそれぞれ異なってくるもので、
文章から見えてくるわたしの人物像もそれぞれ異なっていると思う。
別にキャラ設定を楽しんでいるわけでもなんでもないんだけどさ。

変な話、「見せたい自分」って誰しもあるんじゃないだろうか。
この人にはこう見られたい、違う人にはこう見てほしい。
ウェブの中のキャラクターだけではなく、リアルでも人によって無意識に自分を演出していることはあるだろう。
それは表裏あるとか、嘘をついているってことじゃない。
例えば、仕事の上で従業員同士見せたい姿と、お客さんに見せたい姿は異なるだろう。
同じ従業員同士でも先輩や後輩に見せたい姿、上司にアピールしないといけない姿、みんな違って然るべきだ。

話はちょっとズレちゃったけど、Webに書く文章も、誰にどう見てほしいかっていうのが、
きっと知らず知らずのうちに反映されてしまうのだろう、といいたいのだ。
そしてSNSの中で一つの人物像が作られ、読む人に認知されてしまう。
全文章を集めてプロファイリングしてみたら、全く別の人物像が浮かび上がりそうだ。
書き続けていくと、時に自分の知り得なかった自分にも出会える。

こんなことを唐突に思ったのも、今年が日本でブログが急速にブームになり始めて10年だから。
実際はもう少し前から書いてる人はいたし、サービスも始まっていた。
一般人が日記サイトの延長でどんどん書くようになったのは、2004年じゃないかと思う。
その後SNSが爆発的に普及した。
ここ10年で、多くの人たちが「文章を書いて自分をアピールする」手段を手に入れたのだ。
これはちょっとした変化じゃないかな。
社会に大きな変化が起きたかどうかはわからないが、
影響はむしろこれから出てくるのかもしれない。
新しい創造的ななにかが生まれるといい。

と、壮大なお話になりましたが、このブログの読者様。
今までありがとうございます。
今後も続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。