「好き」が思い出せない

雑記
01 /28 2013
つい先日元彼から連絡があった。
別れてからもメールのやりとりやLINEでメッセージがきていたのだが、
仕事やら私生活が忙しいので、あまり返事はしていなかった。
面倒だったというと言葉は悪いけど、基本的にメールはあまり好きではない。

今回は久しぶりに電話だった。
もしかしたら差し迫った緊急の用事かもしれない。
そう思って電話をとったけれど、用件は「久しぶりに会いたいね」という言葉と
他愛のない近況報告だった。

一応社交辞令(?)で、「そうだね、会いたいね。話したいね」と返事をしたが、
正直そんなに会いたいとは思わなかった。
イヤでイヤで、どうしても会いたくないというわけでもない。
まあ、会っても会わなくてもいいなあ‥‥という程度の感慨しかなかった。

そういえば、わたしはこの人の何を好きだったんだろう?
思い返してみても、何だかピンとこない。
男前だったし、明るいし、いい人だったと思う。
こんなん言うのもナンだけど、セックスの相性もよかった。

でもそういうの考えても、どこをどう好きだったのかがわからない。
違うな。「恋しい」「好き」って感情がどんなもんだったか思い出さないでいた。

元彼だけじゃなくて、元々彼に対しても同じ。
あるいはこのブログに書き綴ってきた、片想いの相手に対しても。
読み返してみても、SFみたいで実感がわかない。
一体、わたしはどうしちゃったんだろう?

「『会いたい、会いたい』って書いてるけど、そんなに会いたい理由は何だったんだろう?」
悲しいかな、さっぱり記憶がよみがえらない。

小さい頃遊んでたおもちゃを見て、懐かしいなあとは思っても、
それでもう一度遊んでみようとは思わないように、恋愛に対する興味を失ってしまった。
恋愛から卒業?
確かに誰かに受け入れられたいとか、欲してもらいたいという気持ちはないし、
そんなものがなくても自分を保てるようにはなった(一時的にそうなだけかもしれないけど)。

もう30だもんなぁ。
少なくとも18の頃のような恋に恋する感情は蘇らないと思う。
これから、ふとしたきっかけで大好きな人が現れるのだろうか。
情熱的な恋に落ちることがあるのだろうか。
そしてその人と、パートナーとしてやっていきたいと思えるのだろうか。

そうなったらそうなったで、ならないなら別にいい。
楽しいことは他にもある。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。