夜勤明けにどうなっているか、気にはなる

雑記
07 /11 2010
だいぶ前だけれど、とあるSNSで日記を書いたらネトウヨ(本人が自称している)から
コメント欄にすさまじい攻撃を受けたことがある。

コメント欄で議論をしたいとか、そういう感じではなくとにかく彼の言いたいことを
めちゃくちゃに書きつらねた凄まじいコメント攻撃だった。

わたしは政治的に右翼的でも左翼的でもないと思っている。
かといって「中道」をきどるつもりもないのだけど、とにかくかたよらず、
感情的にならず、視野をひろくもって物事を見て考えたい。

そう考えているんだけど、そのネトウヨはわたしを「親中派」だの「平和主義気取り」だの
わけのわからないレッテルを貼って何十件ものコメントをダラダラと投稿しつづけた。
さすがのわたしも、腹が立って二度と来るな!って返事をしてやった。

何十件もコメントした挙句、さいごは
「ここはあんたのシンパばかりみたいだから、何書いてもムダだと思うけど・・・・」等の
意味不明な捨てぜりふを吐いて来なくなったのだけど、よりによってSNSのコメント欄に「シンパ」とは!
彼にとって、たとえばmixiでいうところのマイミクさんは「シンパ」らしい。

ネトウヨ全体や、ましてや保守的な人たちがみんな彼みたいに頭のおかしい人たちだとは思わない。
右翼でも左翼でも、精神的にどっか破綻している人はいるもので、そういう人は実生活では
あまり相手にされないだろうから、ネットの海の中でおお暴れするのが楽しいにちがいない。

SNSという、わたしにとって「楽しい場所」でも彼らにとっては「政治活動の場所」だし、
日記はまさしく「政治活動」「言論」なんだと思う。

そう考えているのはけっこうなんだけど、人が「楽しい場所」として使っている場所に
ずかずかと土足で踏み込んでくるのはやめてもらいたい。
普段は料理や音楽、マンガ、ファッション、恋愛ネタが中心の楽しい日記で
たまにニュースネタをとりあつかう程度だったのに、ストーカーのようにコメント荒らしをされて
SNSをひらくのがイヤになるほどだった。

そのネトウヨからのコメントがとだえると、
「大変でしたね・・・・あの人何がいいたいんでしょう?」
「最初から最後まで読んだけど、サッパリ意味がわからないですね」
「会話になってない。壁にむかってしゃべってるのかな?」
「サイコ的な人でしたね」
などなど、リンクしている人からたくさんコメントをもらった。

それを見てか、「よかったね、シンパの皆さんからやさしい言葉もらって」とメールがきた。
本人なりに、自分の意見が無視されてることがわかったみたい。
そう考えると、彼も彼なりに傷ついているんだろう。ちょっと同情した。笑

ちなみにその人は、麻生元首相のことが大好きらしい。
こんな人に好かれてたら、麻生さんも気の毒に・・・・と思った。
わたしは昨年の衆院選で、自民党が大敗したのはネトウヨの幼稚なネガティブキャンペーンが
他の有権者に嫌悪感が持たれたのが大きな原因じゃないかな?と思ってるんだけど、
今回の参院選でも、相変わらずそれを続けているようだ。

今回は自民党にとっては、比較的有利な選挙だと思われるのだがネトウヨの
「打倒民主党政権!」キャンペーンは悪い方向にはたらくことはあっても、いい方向には
はたらなかないだろうな・・・・と考えている。
わたしなんかは「こんなんに支持されてるようじゃ、自民党はダメだ」としか思えない。

さて、今日は参院選の開票日。
わたしにとっては、自民党がどうなろうと、民主党がどうなろうと、別にいい。
過剰な期待は持たず、いつか本当に民主主義的な国になるよう祈るばかりだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。