スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年度末に思うこと

雑記
03 /20 2010
職場では、人事異動や退職などもあり、新人アルバイトの面接などが始まっている。
応募してくる子の年齢を見て驚かされるのだが、この春に高校卒業した子って平成3年生まれなんだよね。
バブル崩壊後に生まれた子どもたちが社会に出たり大学生になったり、時の経つはやさに驚かされるばかりだ。

そういや、自分も今年28才なんだよな‥‥。
一般的に「若者」が何才までを指すのかわからないけど、徐々に「若者」とは呼べない年齢に近づいているのは間違いない。
もう紛れもなく大人なのに‥‥今のままでいいのだろうか‥‥いいわけないよな。
焦りと不安ばかりだ。
ピーターパンではいられない。

でも、少しずつだけれど、自分の内面が成長しているのがわかる。
17の時よりも、二十歳の時よりも、今のわたしが一番好きだ。
きっと30になったときも、40になったときも、
「今の自分が一番好き!」って言えるんじゃないだろうか。
だから、年を重ねることは怖くない。

新しい、もっと素敵な自分に出会えるように、毎日を生きていきたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして。

私ももう若者ではない…アラサーです。今年が20代最後。


はじめまして。

私ももれなく焦りと不安がいっぱいですが
こんな素敵なブログに出会えて
なんだか幸せな気分です。ありがとうございます。

優しい文章で読みやすいですし、心が穏やかになります。
とても素敵ですね。

さとさんへ

はじめましてコメントありがとうございます。
とてもうれしいお言葉をいただいて、顔が赤くなりそうです。笑
焦りや不安はみんな抱えているんでしょうね。
うまくいかないのが人生ですが、そんな中でも精一杯生きていきたい。
あまりたいした内容ではないですが、読んでいただけたらうれしいです。
またのお越しをお待ち申しております。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。