スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと論理的に破綻してますが、失礼

雑記
01 /12 2010
眉毛ケアセット

先日は職場のTくんの誕生日だったので、プレゼントに眉毛のケアセットをあげた。

職場のTくんはこんな感じの子だ

shokubanoteiikun

職場のTくんは髪型や洋服はいつもおしゃれなのだけど、眉毛の手入れはしていない。
おしゃれに関心の高いTくんなら、眉毛もきちんとしたらさらにかっこよくなると思う。

わたしは最近、彼氏の眉毛を整えてあげることが多い。
もともと堺雅人似の男前で、そのままでもカッコいいのだけど
眉毛をすっきりさせるとさらに男前になる。
なぜかちょっといしだ壱世風になるから、なんとも不思議。

その出来前を、この間職場のKくんと彼氏と3人で食事した時に、
Kくんに自慢したのだが、それを聞いたKくんが一言。

「あれ?Kazuccineさんの眉毛ってボサボサですよね?」

そう、わたしの眉毛は、基本ボンバーなのだ。
人の眉毛をいじるのは楽しいのだけど、自分のをいじるのはけっこう面倒くさい。
ごくたまに、髭を剃るついでに眉間やおでこに生えている毛を剃る程度だ。

男の子が眉毛をいじるのが一般的になったのは、今から10年ちょっと前
90年代の末期、わたしが中学生~高校生ぐらいの時だ。
長野オリンピックで若い選手たちが、茶色く染めた髪に眉毛を整えていたのが話題になった。

当時わたしは、何を勘違いしたのかマレーネ・ディートリッヒのような細眉にしたり、
逆にオードリー・ヘップバーンのようなぶっとい眉にしてみたりと、世間の感覚からずれまくった
行動をしていたのだが、他の男の子たち同様眉毛ケアには熱心だった。
すぐに面倒になって、やめてしまったけど。

その頃は、男性の女性化だの何だのといわれていたものだが、今では本当に一般的になっている。
まあ、すっきりときれいな顔立ちの人が増えるのは、決して悪いことではないと思う。

わたしは眉毛のケアどころか、髭剃りや鼻毛を切るのも面倒だというほど、
顔周りのケアは苦手なのだ。
おしゃれにはそれなりに関心はあるけれど、美容ケアに関しては面倒くささが先に立つ。
化粧が好きな女の人たちは、本当に大変だなあ・・・・と思う。

男の子が眉毛ボサボサで、髭を生やしていてもそれほど問題ではない。
鼻毛が飛び出していても許されると思う・・・・いや、さすがにこれはマズいか?
「美容には関心がないのかな?別にいいけどもうちょっとこぎれいにしてくれても・・・・」
ぐらいにしか思われないのではないか。

でも、女の子が眉毛ボサボサで、顔も剃らずに化粧もしていないと
どうしても人前で化粧もしない女、つまりはマナー違反みたいに見られてしまう。

別に、30年前のフェミニストではあるまいし、化粧が女性を縛り付ける道具だと思っているわけではない。
きれいになりたい、きれいにしたいという女性たちが思うのは当然だし、それをとりあげるのは間違っていると思う。
問題は、化粧が好きでない人、化粧が出来ない人に対して、いまだに化粧をおしつけようとする傾向があることだ。
昔は「女だったら人前に出るときは化粧するのが礼儀だ!」といわれていたのんだろう。
最近だったら、「あなたもきれいになって、自信をつけて」というコピーかもしれない。

きれいになって、男の場合ならかっこよくなって、外見から自信をつけていくというのは、
わたしだってわからないわけじゃない。
わたし自身、髪型がきまって、かっこいい服を着ていると気分が違う。
自信をなくしている人に、化粧をすすめて自信を取り戻させてあげるのは悪いことではないと思う。

しかし、当たり前だけど外見さえよくなれば自信がつくわけではない。
化粧は自信をつける最初の第一歩になっても、本当の自信は内面からくるもののはずだ。
「あなたもきれいになって、自信をつけて」と言っている美容業界の人は、
もうちょっとそこに言及するべきじゃないのだろうか。

それと、最近はすでに自信のある人にまで化粧をすすめる人がいる。
仕事や勉強で、成果をあげている人に対して
「仕事ばかりでは“デキる女”にはなれませんよ!おしゃれをして女性らしくしましょう」

その人が仕事や勉強に没頭して、おしゃれをしないのはその人の勝手だと思う。
化粧やおしゃれや、あるいは恋愛をしないのは、単にその人が興味がないからだ。
興味のある仕事や勉強に打ち込めて、本来なら幸せな人たちに、まるで不幸せであるかのような
印象操作までして、無理やり化粧をさせるのはどうかと思う。

わたしも別に、アンチおしゃれとか性の記号化反対とか、そういう難しいこと言いたいわけじゃない。
でも、おしゃれを強要し、それもその人の能力の一部みたいな煽り方をする人たちには疑問を感じる。

女は化粧をするのが普通、という価値観のおしつけがなくなり
化粧をするもしないもその人の自由で、それが普通という世の中になってくれることを願う。

しかし、ここまで書きながら冒頭で書いたように、職場のTくんに眉毛のケアセットを
あげてしまったわたしは非常に矛盾しているように思われる。
というより、思いつくままに文章書くなっつうの。笑

まあ、おしゃれのおしつけ云々の前に、Tくんはおしゃれ好きな男の子だから、
眉毛のケアセットをあげても問題ないよな・・・・と無理やり結論づけることにしよう。

ゲイ専用ブログコミュニティ「ゲイログ」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こちらには、久々のコメント…

俺もつい最近まで、
眉毛の手入れなんて全くしてませんでした。
ところが、以前住んでいた家の近所の
床屋さんで初めて眉毛を整えてもらった後、
こんなにも印象が変わるのかとビックリ!!

引っ越してからは眉毛剃りのない
美容院に行くようになったので、
今は小型カミソリとお手入れセットを手に、
自分で頑張ってます。

何度やってもカミソリで剃る時は緊張するし(笑)、
後ついついやり過ぎてしまいがちですよね。
お洒落は、何事も適度な所で切り上げるのがポイントです…

今回も面白い記事ですねー。
実は、あたしも眉毛・鼻毛・顔毛の手入れが苦手です。
気が付くと、ボーボー^0^v
あたしこそ、その眉毛切りセット、買ったほうが良いかも・・・。
化粧以前の問題ですかね・・・。

祐さんへ

眉毛ってかなり印象変えてくれますよね。
角度や細さ、あと眉間のはばなど、細かいところの
違いでかなり雰囲気が変わってきます。
ちなみに、わたしはかみそりの使い方が下手で、
流血してしまうこともあるのでかなり緊張しています。

みぃさんへ

手入れ自体も面倒ですし、手入れしても
すぐにはえてくるのがこれまた面倒ですよね。
だからといってはえてこないと困りますが。苦笑
写真のようなお手入れセットもいいですが、
わたしの経験上、かみそりが一番楽で簡単だと思います。
毛抜きはとてもじゃないけど、無理です。笑

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。