ブロガーの悩み

雑記
10 /13 2009
わたしがこのブログを始めたのは2006年の8月からだ。
といっても、FC2ブログで「ため息の理由」を始めたのがその頃で、
違うブログサービスで2005年の5月から書き始めている。
以前使っていたのは、マイクロソフトのブログサービスだ。
http://home.spaces.live.com/?showUnauth=1&lc=1041
これがハンパないぐらい使いにくかったのよ。
その時はタイトルも今とは違っていた。

その頃書いていた記事は、コメントも含めて全てこのブログに移しているから、
過去ログの日付は2005年の5月から始まっている。
ちなみに記事のお引越しは全て手作業(コピー&ペースト)で行った。
記事のインポートやエクスポートなんていう、親切なサービスは当時使ってた
ブログサービスにはなかったんだもん!
当時既に記事の数は100以上あった。
我ながらど根性で、よくもまあやり遂げたもんだと思う。

そんな経緯があるので、「このブログいつからやってるんですか?」って訊かれると
何と答えていいのかわからなくなるときがある。
FC2で「ため息の理由」がスタートしたのは2006年8月だし、
「Kazuccine」としてブログを書き始めたのは2005年の5月なので、
どちらを「このブログのスタート」と定めたらよいのか、自分でも迷っちゃうわけだ。

そんなもん、別に好きなように答えたらよいと自分でも思うのだけど、
わけのわからんところで、きっちりしたがるのがB型気質なのよね。

ブログをやっている人が「お引越し」をするのはよくあること。
大体そういう場合、新しいブログサービスにアカウントを作って、
「○○のブログⅡ」みたいな感じで始める場合が多い。
その場合、前身の「○○のブログ」はそのまま残しておくパターンと、
全ての記事を削除してしまうパターンがある。
いずれにせよ、こういった場合
「このブログは2年前から書き始めています。以前は別のところで書いてました」
という風に説明したらいい。
いうなれば、「古いブログと新しいブログは別物」方式だ。

あるいは、新しいアカウントを作って記事のエクスポートという便利な機能を使い、
タイトルも同じまま、しれっと「○○のブログ」として続ける場合もある。
こういう場合、大抵は古いブログのアカウントは削除してしまうだろう。
この場合なら
「このブログは4年前から書いています」と一言言ったらいい。
ブログサービスを変えただけで、「ただのお引越し」方式とでもいおうか。

ところがこのブログの場合、どちらでもないんだよね。
どちらかというと、「ただのお引越し」方式に近いのだけど、移転と同時に
タイトルも全く別のものにしちまったからなあ。
まあ、実はFC2で「ため息の理由」がスタートする以前は、タイトルが3~4ヶ月に
一度は変わるという、リンクしているブロガーさんにとっては非常にハタメイワクなことをしていた。
当時からリンクして下さっている、「乾いた大地に」のrumさんや、
「おいしいもの日記の」のkameさんなど、非常に迷惑をおかけしててしまったなあ・・・・と反省している。
この場を借りておわびをいたします。
タイトルとブログサービスを変えたので、何となく一貫性というか継続性がない。

かといって、「新しいブログと古いブログは別物」方式かっていうと、それも違うんだよね。
古い記事を全部移して、前のブログサービスのアカウントは削除してしまった。
前のブログサービスで書いていたものを、そっくりそのまま引き継いだわけだから、
全く別のものとはいえないんだよね。

うーん、非常に中途半端な状況だ。

そもそも、この4年間の間にブログの文体やスタイル、方向性、色んなものが変化してきた。
正直4年前に書いていた内容は、わたし自身、自分で書いたとは思えない代物だ。笑
何しろ、当時は一人称が「あたし」だったもんね。
ちょっとオネエなブログを目指していたのかも。

大体HNからして、本名の「Kazu」とマドンナの姓「Ciccone」を適当に組み合わせて
「Kazuccine」という変てこりんな名前にしてしまった。
後から、「そういえばこの名前何て読んだらいいんだろう?」と自分自身で疑問に思って、
2006年10月に、「みんなどう読んでいるのかな?」という記事を書いている。
その時は、「好きなように読んでください」みたいな感じで、特に名前の読みは決めていなかったのだが、
2009年3月に書いた「その名前、ちょっと待った」では「カズッチーネ」に決めている。

まあ、ようするに何がいいたいかっていうと、このブログは何から何まで
非常に適当にやっているっていうことだ。
うーん・・・・、ある意味とってもわたしらしいと思う。

でも、このブログの起源などという全くもってどうでもいい話や、
HNの名前の読み方というこれまたどうでもいい話を書くことで、
たくさん古い記事を読み返すことが出来た。
案外こういう作業って楽しいもんだね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。