スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙が終わって変わること

雑記
09 /02 2009
衆議院選挙が終了して、政権交代が起こった。
このことの是非はともかくとして、投票率が高く、たくさんの人が
選挙に行ったことは非常に素晴らしいことだと思う。
主権は国民にあるのだから、国民が責任を持って投票し国会議員を選ぶ。
民主国家にとってとっても大事なことだ。

わたしは、実は民主党を積極的に支持しているわけではない。
ただ、自民党政治は積極的に嫌いだから、今回は選挙区も比例区も野党に投じた。
あれこれ不安に思う気持ちも仕方がないけれど、政権交代がないと政治そのものが
滞ってしまうんじゃないかなって思う。
万年与党と万年野党の馴れ合いでは、何も進歩しない。
定期的に刷新された方が、政治はクリーンでより国民のためのものになると思う。

・・・・という考え方だったんだけど、こういうことを言おうものなら非難ゴーゴーだったのが今回の選挙だった。

「民主党が政権をとったら、日本は中国の植民地になるんだよ!!」
「マスゴミや中朝韓の陰謀で、今まさに日本が乗っ取られようとしている!!」

みたいな、過激なネガティブキャンペーンが多かったこと。
わたしは、よくも悪くも民主党は自民党の一派閥だと考えているから、
民主党中心の政権になったからといって、何かが劇的によくなるとは思っていない。
しかし、いっきに中国の植民地になるなんてことも、到底考えられないのだが。
民主党もそこまでバカじゃないし、中国もそこまでバカじゃないだろう。
国際社会だって黙っていないに違いない・・・・って思う。

まあ、こういう意見が彼らからすると「マスゴミに洗脳された意見」になってしまう。

何が本当で、何が間違っているのかはわからない。
日本のマスコミが真実ばかりを伝えていないのは事実だと思う。
じゃあ、一体わたしたちは何を信じていければいいのだろう。
嘘ばかりのマスコミの報道は一切シャットアウトして、ネットの世界に逃げ込めばいいのか。

大体、首相や与党を批判したらマスコミによるネガティブキャンペーンというのも
何だか間違っているような気がするのは気のせいだろうか。
マスコミはそもそも、権力を監視し、権力に声をあげることが出来ない人たちの
声なき声をひろっていくのが役目ではないかと思う。
自民党に都合のいい報道ばかり見たいのなら、自民党の機関紙を買えばいいだけの話だ。
選挙の敗因を、中国や韓国と結びついたマスコミによるネガティブキャンペーンだとは・・・・
どうもわたしはそうは思えないんだけどね。
テレビなら、民放最大手のフジテレビや日本テレビは、みんな自民党よりのはずだけど。

「マスゴミ」の流した洗脳報道なんて信じない!という人たちはたくさんいる。
だとしたら、彼らは一体何を信じているんだろう。
あるものは信頼しているブロガーさんのブログ記事かもしれない。
あるものは巨大掲示板の書込みかもしれない。
あるいは・・・・どこかの宗教団体の教祖様の教えかもしれない。

わたしだって、別にマスコミの報道をすべて信じているわけではない。
でも、情報の出所としてマスコミはやはり大事だし、本当かどうかわからない
ネットの書き込みを信じるよりはよっぽど安心出来ると思う。
でも一番大事なのは、その報道に対して「本当かな?」っていう疑問符を常に投げかけることだ。
情報を自分の力で整理し、考え、それを言葉や行動にうつしていくことが何より大事なんじゃないか。
「メディアリテラシー」とか「ネットリテラシー」のような言葉が、何だかおかしな方向に向ってしまった気がする。

民主党が政権をとったことで、何が起こるのかまだまったく何もわからない。
いい方向に向うのか、悪い方向に向うのか、それはこれからだ。
しかし、自民党政権下にアベシンゾーや麻生のことを批判したら

「首相が気に入らないなら、日本から出て行け」「半島に帰れ」

と散々罵って反論していた人たちは、これからどうするんだろう?
もしや今、出国ラッシュの手続きで大変なのだろうか?
クーデーター起こしたりはしないよね?それが怖い。
ん?考えすぎかな?でもサリンまきそうな党も一つあったからね・・・・。

ところで、わたしが「半島に帰れ」等の発言をされたのは、
多分顔立ちが朝鮮半島とか中国大陸系の顔立ちってのもあると思われる。
わたしはきっすいの日本人なんだけどなあ。。。。
ただ、イマイチかっこいいんだかかっこよくないんだかわからない、
向こうの韓流スターを見ていると、「痩せたらわたしでもイケるかも」なんて思うこともある。


ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←韓流スターになるために一票を


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは!先日はお返事、
ご訪問・コメントをどうもありがとうございました♪

kazuさんのご主張に、細かい部分まで同感しました。
今回の選挙、何でこんなに若い世代が批判的なんだろうと思っていました。
自分らの親世代以降なら、超保守的でも驚かないけど、
あたしと同世代(30代)や、それより若い世代でも
民主党の政権公約を非国民のようにいうのが驚きです。
特に、kazuさんご指摘のような、隣国に対する反発がすごいです。
同じ世代の女性の記事に
「日本人にメリットになるものは無く、外国人の利益ばかり」というのには本気で驚きました。
従軍慰安婦調査や、日本の加害行為を調査する”恒久平和調査局”についても
日本人にメリットがない、と言い切ってしまう。。
民主党が本気でどこまで、こういったことを遂行できるかは見守るとして、
日本人がナショナリズムに向かって行ってる気がします。
核武装推進派のひとたちも、このナショナリズムが根底にあるんでしょうね。。

「何が本当で、何が間違っているのかはわからない。」に大きくうなずいてしまいました。

おっしゃる通り、情報過多&情報偏多!?で一人一人の情報収集力、評価力、解釈力、判断力が問われてる時代だと実感です。実際の経験から得る洞察力をもっと肥やせる機会が欲しいと思うのは私だけ?若い時から読んだり見たりだけでなく、もっと社会的な活動に参加出来る機会があれば良いなあと個人的に思いました。(決して学校や地域社会に限定せず家庭も含めて。)

いつも楽しく読ませていただいてますが、今回、特に凄くビビッとくるエントリーですね。
鋭い突っ込みにしびれましたわっ。笑

p.s.ちなみに私も何処の国の人?と尋ねられる事が多いので、またまた共感です。

みぃさんへ

どちらかというと若い世代の方が保守的な傾向が見られますよね。
これはイスラム圏とかと同じ現象なのかな?
愛国心は大事なんだけれど、ただの排外主義は違うと思います。
戦時中のことに関しては、日本と中国韓国の見解が異なる部分があるのも事実です。
大事なのは事実の検証と、対話による解決なんでしょうが・・・・
双方譲らないで政治のカードにしていますよね。
それに乗っかっている、核武装推進派の人たちは、わたしに言わせれば国賊です。

Oserさんへ

情報偏多ってまさにそうですよねえ。
知識の量ではすごいんだけど、情報の質がよくないし偏りすぎている人が多い。
これは右左問わず、わたし自身そうなんでしょうけれどね。
もう少しね・・・・若い人たちが変わらないとこの国も変わらないと思うな。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。