わたしもおっつぁんです

雑記
08 /29 2009
今月からauで始まったサービスに、「24時間通話無料」サービスがある。
3件まで番号を指定しておけば、月額390円で通話が無料になる。
わたしのような遠距離恋愛やっている人には、電話での会話が必須なので
このサービスの開始は非常にうれしくて、ありがたいものだ。
ドコモユーザーの彼氏Naoくんも、わざわざauの携帯電話を持ってくれた。

新規ユーザーは8月10日から適用されるのだけど、わたしのような既存ユーザーは
9月からの適用になるので、今のところNaoから一方的にかけてもらっている。
すでに10万円近い額話しているそうだ。
これで
「指定通話無料なんてうっそで~す。残念でした~♪」
とかだったら最悪だよね。ま、そりゃないか。笑

わたし自身は今年の2月に機種変更して、新しい携帯に喜んでいたのだけど
携帯電話に詳しいNaoからは驚くべき話がたくさん舞い込んでくる。
「auじぶん銀行」なんて、名前だけは知ってたけど何のことかよくわからんかった。
クレジット機能とか電子マネー関係に関しては、驚くほど進んでいるみたい。
Naoの持っているドコモの携帯電話なんて、わたしからしたらもう近未来的で
携帯電話の概念を超えている代物だ。
この間ソフトバンクの店で見つけたiPhoneも、今さらながら興奮している。

Naoは携帯電話のほかにも電子マネーやポイントサービスなんかにも詳しい。
車に乗ってないわりに、わたしよりもETCに関してもよく知っている。
わたしは彼の話を聞きながら、
「世の中ずいぶん便利になったなあ~」
と時代遅れのおっさんのような感想を持っている。
まあ、実際のところ時代遅れのおっさんなのかもしれないが。苦笑

ついこの間までDVDプレーヤーがなく、録画といったらもっぱらVHSだった我が家だけれど
今年に入ってついにぶっ壊れてしまったので、録画機能の付いているDVDプレーヤーを買った。
同時にケーブルテレビのチューナーも地デジ対応のものになった。
これが案外難しい。
え?ビデオの録画ってこんなに難しかったっけ?って思ったもの。
数回録画に失敗して、ようやく録画の方法をマスターした。
これでもあたしゃ20代後半です・・・・ええ、20代ですとも。
でも機械が苦手なのは、若い子だって同じだと思うぞ~。

リニアモーターカーも実用化されていない(いや一応愛知には“リニモ”あるけど)し、
宇宙ロケットもボンボン飛んでいるわけじゃないけど、何だかんだで世の中
けっこう近未来的になっているんだな~って思う。
気がついたら2000年代も終わりに近づき、2010年代が到来しようとしている。
一歩一歩だけど、着実に世の中は進歩しているわけだ。

ところで、関係ないのだけど1990年から1999年までを90年代というし、
同じように80年代とか70年代といういいかたもあるのだけど、
2000年から2009年までは何年代っていうんだろう?
上では「2000年代」と書いてみたものの、何かこの表記の仕方ってひっかかるんだよね。
「00年代」とか「ゼロ年代」という書き方も見たことがあるけど、「00年代」の方がしっくりくるな。

今ファッションの世界では80年代のリバイバルが盛んだが、
何十年後かには2000年代のスタイルがリバイバルするかもしれない。
そのときに「よみがえる2000年代ファッション」とか書かれるのだろうか?

どうもおしゃれじゃないというか、古代衣装の展覧会みたいな感じがする。
「よみがえる00年代ファッション」だったら、ファッション誌に載っててもおかしくない。
でも、今一般的に普及しているのは「2000年代」の方で「00年代」じゃないから、
多分今後も2000年から2009年までは「2000年代」って表記するのが定着するんだろう。

「2000年代」が定着しているとはいっても、時々「00年代」「ゼロ年代」と書いてある
文章も見かけるので、1990年代を「90年代」というほどには定着していないと思う。
わたしは、実は1997年ごろからこの年代を何と呼ぶのか関心を持っていた。
その頃は「西暦2000年ごろには統一した呼び方が広まっているだろう」と考えていた。
ところが、いざ西暦2000年を迎えても、統一された気配はなかった。
「じゃあ、2005年ごろには統一された呼び方が定着しているだろう」なんて
思っていたけれど、もう2000年代が終わりに近づいているのにまだ統一されていない。

いや、別にそんなもん統一せんでもいいことは百も承知だけれど、
やっぱり統一していた方がスッキリしていいと思うんだよな。
他の年代は80年代とか90年代といっているのに、一つだけ「2000年代」って
何だか仲間ハズレにされているようで、ちょっと可哀想というか。
まあ、こんなことを考えるのもわたしだけだと思うけど。

来年からは2010年代になるけれど、やっぱり「10年代」っていうのだろうか?
うーん、これはこれで何だかしっくりこない。
「10年代」っていうと、どうしても第一次大戦の時代を連想してしまう。
「20年代」も、アメリカの禁酒法時代のイメージで、2020年代のこととは思えないな。
もしかしたら、2000年代以降は「2010年代」「2020年代」っていういい方が定着するのかも。

まあ、そんなどうでもいいようなことを気にする前に、機械の使い方一つでも
覚えろよって感じなのだが、2010年代がどんな10年になるのか楽しみではある。
何にせよ、明るい10年になればいいな。

ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ←おじさんに一票。笑
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。