スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ数年のわたしの恋愛事情

雑記
07 /27 2009
boys.boys.boys.sss

元彼と別れてから、今の堺雅人似の彼氏と出会うまで3年間フリーだった。
フリーになった当初は、しばらく彼氏いない生活もいいかな~なんて
思っていたけれど、やはり長く続くとけっこう辛いもんがあった。
昨年あたりから、相当ガツガツしていたと思う。
フリーの期間は、わたしもそれなりに色んな人と「知り合い」になった。

好きになった人も、いい感じでいけそうな人もいたけれど、どれもボツ。
一度からだの関係を持っただけで、ハイ、さようならがほとんど。
真剣に考えて欲しい・・・・とまでは思わなかったけれど、せめてエッチ以外でも
友達つき合いとか、からだ以外の関係も築ける人が欲しかった。

でも、こっちがいくら「友達」や「彼氏」を求めても、結局からだの関係を求める人しかいない。
ここ3年間で、純粋にゲイの友達になれたのなんて、3人しかいない。

それならもう、からだの関係だけでいいや。
掲示板に載せる書き込みも、だんだんエロ目的だけになってきた。

しかもね~、大抵みんな彼氏、彼女、奥さんがいる人ばっかりでさ~。
最初っから遊びにしか考えてない人ばっっっかりだったのよね。

そんな人の中にも、すごく好きになった人が一人いた。
わたしは二番目でもいい、三番目でもいいと思った。
その人と一緒にいたかったから。

残念ながら、二番目にも三番目にもなれず、一度寝ただけで終わってしまった。

「エッチだけじゃなくて、遊んだり話したり出来る人がいいんだ」
「君みたいな子、すっごくタイプだよ。可愛い」
「エッチもいいけど、君は話してすごく楽しいよ」

はァ~、どの口が言ってたんでしょうね?
そんなこと言うから、わたしは好きになっちゃったのに。

「実は遠距離でつき合ってる子がいる。その子のことも好きだけど、やっぱり淋しいんだ」

なんだ、そういうことか・・・・。
そう思ったけれど、わたしは浮気相手でも何でもよかったの。
その人にとって浮気でも、わたしには本気だから。
少しでも振り向いてくれれば、それだけでいい。

なのに、ちっとも振り向いてはくれなかった。
いや、いくら何たって惚れっぽいにも程があるわたしにも問題があるんだろうけど。

でもすぐ好きになっちゃうんだよ。
特にセックスしちゃうと、どうしても・・・・・。

「Kazuccineさんは、結局『都合のいい相手』にしかなれないですよ」
職場のKくんにこんなことを言われたのは、その男の一件があった直後だった。

「相手は都合のいい人しか求めてないの、わかってるんでしょ?
わかってて関係してるんでしょ?それで好きになったとしても、
相手に好きになって欲しいなんておかしいと思いませんか?」

詳しいことは4月27日の記事に書いてある。
「愛は理解しあうこと」

とにかく、Kくんのこの言葉はかなり堪えてしまったわけだ。
だってさ・・・・確かにそうなんだもん。

Kくんは「セックスだけの相手なんか求めてたって、彼氏は出来ないですよ」と言った。

うん・・・・そうなんだよね。
百も承知だけど。

やはりわたしは、きちんと寄り添える人が欲しかった。

そこでわたしは突然、
「わたし『セックス断ち』する!」とKくんに宣言した。
今考えると、何かちょっと間違ってるような気もするのだけど、
きちんとした相手が見つかるまで、安直なセックスはしないと心に決めたのだ。

それ以降、エッチ目的の出会いは全て切り、友達も出来た。
でも色恋に関してはサッパリ。
まあ、ね・・・・しょうがない。お坊さんになったつもりで、清く正しく生きていこう。

そんなことを考えていた矢先に、今の彼氏くんからメールが来るようになった。
最初はお互い、気の合う楽しい友達・・・・程度だったのが、あっという間に恋に発展。

今はお互いに彼氏と呼び合える仲になっている。
果報は寝て待て?あるいは棚からボタモチなのかな?
本当に思いがけず転がり込んだ出会いが、真剣な恋になった。
人生はおもしろいと思う。

ところで、彼氏くんからの最初のメールは非常に意外なものだったんだよね・・・・。


ま、それは次回に書こうと思う。
ちょっと「ワケあり」な出会いだったのです。


ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ←応援のクリックお願いします!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。