新しいドラマが始まるよ

雑記
07 /06 2009
yakei

兄の結婚式が終わり、帰りの羽田の空から見た東京の夜景は、
あまりにもきれいでキラキラと輝いていた。

無数の光の下には、必死に生きている人々がいる。
それぞれの喜怒哀楽があり、人生がある。
車のライトには、無数のドライバーの人生がある。

そんな単純で当たり前なことが、何だか切なくて、素晴らしくて、
思わず涙が出てきそうになる。

光の下にいる、無数の人たちにドラマがあるように
わたしにもドラマがある。
取るに足らない、田舎育ちのフリーターゲイのドラマかもしれない。
決してドラマチックではない、おもしろくもないドラマだ。
主演俳優はハンサムでもないし、決して魅力的でもない。
何も成し遂げていない、つまらない男だ。

でも、それでも必死に生きている。
間違って、失敗して、迷って、苦しんで。
そんなことを繰り返しながらも、全力で自分の人生を生きている。
お客さんからしたらどうかわからないけれど、主演俳優は楽しく演じているようだ。

そして、最近ドラマに新しい登場人物があらわれた。
彼にもまた、彼自身のドラマがある。
わたしのそれよりも壮絶で、激しくて、一生懸命な人生。
彼は色んな大変な経験をしているのに、わたしよりも前向きでがんばり屋さんだ。

それぞれのドラマが出会い、新しいドラマが一つ始まる。
彼とわたしの物語。

ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ←今月こそはトップ10入り目指してます。クリックを!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。