大江千里と眼鏡

雑記
06 /23 2009
最近じゃあ飽きられた感もあるけれど、
「草食男子」という言葉を聞くと何となく思い出す曲がある。

大江千里 - 格好悪いふられ方


いや、「きみが欲しい」って連呼してしてるあたり、
恋愛に積極的でない草食男子とは違うのかもしれないけど。
別れた人のことを思い出しながら泣いてあるあたり、
いわゆる昔ながらの「日本男子」のイメージじゃない。

「おそらく僕は結婚する」ってあたりも、あまり結婚にも
興味がなさげで、何となく最近の草食男子のイメージに重なるんだよね。

そもそも草食男子みたいな人は、最近にわかに急増したんじゃなくて
だいぶ以前から存在してたと思うんだけどな。
大江千里っていうと実はこの曲と、NHK「トップランナー」の姿しか知らないのだけど、
このPVを見る限り、ファッションも歌詞も昔ながらの男くささとは無縁だしね。
当時のことはリアルタイムで見ていないので何ともいえないが、
大江千里みたいな人は草食男子の先がけだったのかもしれない。

ちなみに彼のような格好は、当時は非常におしゃれだったと思うのだが
今見ると非常に変てこりんで野暮ったく見える。
一番アイタタ・・・・なのがアラレちゃんみたいなどでかい眼鏡だ。
これは非常にいただけない。

眼鏡のフレームは90年代半ばから、四角くて細長いのが主流になっているらしい。
最近では大きなフレームの「ウェリントン」が主流になりつつあるけど、
わたしにとって「カッコいい眼鏡」っていうと細長いスクエア型なんだよね。
それでも最近は、若い男の子たちがこぞって黒ブチの大きな眼鏡を
かけるようになってきたため、大きな眼鏡にも違和感を感じなくなってきた。

ただ、台形の「ウェリントン」ならまだしも、PVの中で大江千里がかけているような
「ボストン」型はどうしてもカッコよくは見えないのだ。

ところがところが・・・・実は黒ブチのウェリントンの流行はすでに下火になり、
次に流行るのは逆三角形のボストンらしい。
アラレちゃん眼鏡が流行の先端だという。

うーん、今までダサいもの象徴だったものがおしゃれって言われてもね・・・・

わたしはなかなかこの流行には飛びつけないな。
そう言いつつ、来年あたりにはさっさと飛びついてるかもしれないけど。

ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

大江千里って、確かお仲間でしたよね?

そういう視点で聴くと、
偽装結婚していく恋人を想うゲイの心の叫びを
唄っているように聞こえる、そして凄く切ない…

「おそらく僕は結婚する」って言葉が、
まだまだ同性愛が一般的じゃない
当時を彷彿とさせますよね。

祐さんへ

あれ、そうなんですか?
でもそう言われると何だか納得ですね。
「やっぱり」みたいな感じがします。
90年代のゲイリブがまだ本格的にきていない
時期の歌だし、当時のゲイは
「恐らくいつかは結婚するんだろう」って
思ってたんですかね。切ないなあ。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。