両親の喧嘩、元彼のこと

雑記
06 /19 2009
先日家に帰ったら、珍しく父と母が大喧嘩をしていた。
どっちかっていうと母がヒステリーを起こして、
父がそれに戸惑っているような感じだったけれど。

わたしは父と母が激しく言い争っているのを見たことがない。
大抵の場合、ぶつくさ文句を言っている父に、
母がしぶしぶとつき合っているような、そんなケースが多かった。
とにかく父は「自分は正しいことしか言っていない」とでもいうような感じで、
一切自分の非を認めないし、母は母で「何を言ってもムダだ」と
半ば諦めたような態度をとることがほとんどだ。

次の日の朝には、二人とも何もなかったように話していた。
どことなく気まずい雰囲気もあったけれど、今ではそれもなくなっている。
いかにもうちの両親らしい。

それにしても、あんなにオロオロした父を見たのは初めてだった。

思春期の頃はわたしも反抗することがあったのだが、最後はいつも
「お父さんが正しい」という流れになっていた。
当時は両親に対して腹を立てたり、反抗することはあっても
父や母を「性格に問題のある人」という見方は出来なかった。
何だかんだいって、わたしの方が間違っていたし、口ごたえするほどの
ボキャブラリーもなかったので、最後はしぶしぶ従うしかなかったしね。

大人になって、一人の大人の人間として向き合ったとき、
初めて二人のことが見えてくる。
完璧な人間でもなければ、いつも正しいことを言っているわけでもない。
問題だらけで、ちょっと困った性格の人たちだ。

両親は決して嫌いではないけれど、わたしは彼らのような大人になりたいとは思わない。
尊敬している部分ももちろんあるが、よくないところもある。

同じようなことは元彼に対してもいえる。
彼とつき合っていた頃、いつも最後に謝るのはわたしだった。
正直ひどいことも言ったと思うし、わたし自身あまりいい彼氏じゃなかったと思う。

ただ、今になった思うのだけど、あいつが彼氏じゃなかったらわたしも
あんないひどいことは言わなかったんじゃないか・・・・・。
傷つけられてしまったぶん、傷つけ返してやりたいという気持ちが
わたしにひどいことを言わせていたんじゃないか・・・・そう思うのだ。

相手に嫌なことをされたから仕返すっていうのは、非常に幼稚な思考だけれど
何しろ当時は精神的に幼かったし、弱かったし、傷つきやすかった。
だからこそもう少し、元彼に優しさや思いやりがあったらなあ・・・・って思う。

元彼に激しく憤り、怒りをぶつけた。
ひどいことを言えば言うほど、自分が嫌な人間に思えて辛かった。
自分ばかりを責めて、落ち込んでいた日々。
元彼が憎くて、自分のことも憎かった。

つい先日のことだ。
元彼を知る人から、彼がわたしのことを何と言っているのかを聞いてしまった。

「あいつは性格が悪くて、世間知らずなガキだ」
「性格はひどくすれっからしで、あまり関り合いにならない方がいい」
「もう奴には、一生彼氏なんて出来ないと思う」

彼とは今でも普通にメールのやりとりをしている仲だけれど・・・・。
何ともひどい言い草・・・・!と呆れてしまった反面、彼らしいなって思う。
やはり何一つ反省していないんだなあ。

元彼には今つき合っている人がいるそうだ。
その人がどんな人かはわからないけれど、わたしみたいに傷つけないで欲しい。

そしてわたしは、今の彼氏を大事にしたい。
彼は本当に優しい人だからだ。
わたしを傷つけない。泣かせない。

だからわたしも、彼のことを傷つけたくない。

元彼のことは、青春の一ページに留めておこう。

新しい彼と、新しい思い出を綴っていけるように。


ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ←トップ10狙ってます!応援のクリックを!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

雨→曇→晴!

初めまして。私は70と言います。よろしくお願いします!(^-^)v

元彼さんには散々、苦しめられたみたいですね。でもそれは1つの思い出として宝物としておきましょう。徐々に頭の中に思い浮かべてる元彼さんから次の彼氏さんに気持ちを変えていくことが1番大切ですよ。気持ちを天晴れな青空にしましょう!(^-^)v

70さんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
今はひたすら、新しい彼氏のことを想って、大事にしていきたいです。
これから、ずっと幸せになるつもりですよ。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。