わたしも言いたい放題だけれど

雑記
06 /07 2009
お店のお客さんで多いなあって思うのが、
「ゴネれば何とかなる」って考えている人たちだ。

会員カードが作れない、注文商品をキャンセルしたい、
商品を破損させてしまったけれど、お金は払いたくない・・・・

色々いるんだけれど、まあとにかくゴネる。
いくらゴネられたって、応じるわけにはいかないし
ダメなことにはそれぞれ理由がある。
その、ダメな理由を説明しても
「いや、もう説明はいいからさ~」って言い返す。
こちらの話を聞く気は一切ないのだ。

「社員を呼べ」
「本部に連絡するぞ」
「裁判起こしてやる」
最後は脅し文句や捨て台詞をはいて立ち去る。

いくらゴネたって、ダメなものはダメなんだからさ。
こちらに非がある場合ならまだしも、規則で決まっていることを
ゴネて変えようとするのは激しく時間の無駄だと思うのだが。
明らかにおかしいことならともかく、それなりに理由あってお断りしているわけだ。
そして、一人だけ特別扱いするわけにはいかない。
全てのお客様に平等に接しなければいけない。

お客様は神様というけれど、何をやってもいいってことじゃない。
何でもかんでも言うことを聞くのが、スタッフの仕事ではない。
決まりにしたがってサービスを提供するのが、店やスタッフの仕事だ。
ここらへんをはきちがえている人があまりにも多すぎる。

まあ、人によっては「こんなのおかしい!」って思う人もいるわけだから、
それに対して異をとなえることも否定しないけどね。
ただ、それを店頭のスタッフに言うのはやめてくれって思うのだ。
勝手に決まりを変えることなど出来ない立場の人間に、
何を言われても対処のしようがないんだから。

「あんたんとこのお偉いさんに言ってやるからな!名前も覚えたぞ」
なんて言われたこともあるけれど、それ以来その件に関しては音沙汰がなかった。
っていうか「お偉いさん」って一体誰なんだろう?
店頭でギャーギャーわめく人に限って、意外に何もしないんだよね。


ところで、少し話は違うかもしれないけど、上に書いたように
「お店やスタッフは、客の言うことを何でも聞くところだ」と
勘違いしている人が非常に多い。
同じように、たとえば教師という職業に関しても勘違いしている人もいる。

「生徒の夢をかなえてやるのが教師の仕事だろ」
「保護者の言うことを聞いてくれるのが先生方の役目じゃないですか」
「先生だったら生徒の問題を解決してあげてよ」
「家庭が面倒見切れないんだから、学校が何とかしてやらなくちゃ」

高校で講師をしているとき、散々言われた。
生徒から、保護者から。
あるいは一部の先生から。

「教師の仕事は、生徒を指導することですよ」と言い返していた。
実はこれ、他の先生からのうけうりなんだけどね。

いやもちろん勉強を教えるだけが先生じゃないってことはわかるし、
相手の人生に対して大きな責任を持つことも事実だ。
家庭や地域社会が背負いきれなくなったことを、学校でやらなきゃいけない
ってことも、十分承知している。
杓子定規なことを言いたいわけではないのだ。

だけど、先生は生徒の前に対しては、あくまで「先生」じゃなきゃいけない。
家族ではない、友達ではない。
そこをきちんと踏まえていないと、仕事として成り立たないよ。
一定のボーダーラインを越えてしまったら、何ごともダメだと思う。
それは教師自身もわかってなやいけないし、保護者や生徒も理解して
もらわないといけないことだ。
わかってない人が多いからこそ、「モンスターペアレント」jなんていう
現象もおきるんだろうけどね。

それにしても、「悪質クレーマー」や「モンスターペアレント」にしても
そうなんだけれど、文句を言うのが好きな人って本当に多いんだよね。
不満をためこまず、きちんと言うことは大事だと思う。
ただ、怒れるままに理不尽な文句を言うのはダメだ。

「おかしいことには、おかしいと言う」人が増えてきたのか。
あるいは「文句を言うのが好き」な人が増えてきたのか。

わからないけど、相手の話を聞く姿勢は大事だと感じている。

ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

話を聞く(聴く)ことは大事!

オレもそう思います。生きていく中で、いちばん大切なことなんじゃないかなと思ってます。
「言いたいことを言う」ことも大切だけど、たしかに、「言う相手が違う」人って、いらっしゃいますよね。
怒りは(正しく、)根本的な問題の解決にこそ向けたいって思います。言いやすい人に言う、その場で手当たり次第に感情をぶつけるってのは違いますよね。
ごく最近、このブログを知ったばかりですが、とても共感するブログに出会えたなってうれしく思っています。ありがとうございます。

かなたくんへ

そう、言いやすい人に言いやすいことを言って、その場しのぎで何とかする。
これじゃあいけんよって思うわけですわ。
ここらへん、日本人のよくない側面なんでしょうね。
こんなどうしようもないブログですが、見ていてもらえるとうれしいです。
がんばって記事を更新していきます。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。