スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永沢くんの未来

雑記
05 /18 2009
以前、お笑い芸人の品川祐が自身の映画「ドロップ」に関してのインタビューで
「ヤンキーも日本の文化だと思って欲しい」っていう発言をしていた。

わたしは品川の相方の庄司くんが以前大好きで、品川のことも
別に嫌いではなかったのだけれど、この発言で一気に嫌いになった。
ヤンキーは別に文化でも何でもない。
ただの迷惑なので撲滅した方がいいと思う。

そもそもわたしは「若いうちにはやんちゃやってたけどさ~」って
自慢ぶっこいてる大人がそもそもだいっ嫌いなのだ。
「やんちゃやって誰かに迷惑かけたんだろ?」ってことしか頭に浮かばない。
迷惑かけた人に、ちゃんと自分の力で賠償したんだったらまだ許すけど、
多分親に払ってもらったとか、トンズラしたってのがいいところだと思う。

ちゃんと「苦い経験」として認識しているなら、自慢っぽく語れるわけがない。
ガキが言ってるならまだしも、いい大人が言ってるのはカッコ悪いよ。

そんでもって、そいつらが大好きな尾崎豊も嫌いだ。
カラオケで尾崎豊を熱唱された日には、リモコン操作を誤ったふりして
「演奏中止」を押してやりたくなる。
でもそれはマナー違反だと思うので、わたしはしない。

「盗んだバイクで走る」って、盗まれた方の気持ちはどうなるんだ?
勤労少年が、必死にバイト代をためて買ったバイクかもしれないのに。
「夜の校舎窓ガラス壊してまわった」だと?ふざかるなって。
誰がガラスをかき集めてると思ってるんだろう?
誰がガラス代を弁償するんだ?

そりゃまあ、音楽なんてきれいごとばっかり歌ってればいいってもんじゃないし
彼の歌が評価されているのは、それなりに価値があるからだろう。
別に尾崎豊の歌を全否定するわけじゃない。
でもムカつくもんはムカつくし、そんなん言うなと言われる筋合いもない。

わたしは不良が大嫌いなので、「ごくせん」なんかも嫌いなのだ。
頼むから不良を賛美するような漫画もドラマもやめてくれよって思う。

大体ああいうのを美化するドラマって、「不良が友情に厚い」ことを
賛美するような内容が多いんだけれど、友情に厚いことがそんなにいいことか?
っていうかそれだけしかとりえがないんでしょ?。

一般市民からしたら、別に不良が友情に厚いからって何のメリットもない。
むしろ仲間割れして内部抗争して、自滅してくれた方がはるかにうれしい。
そもそも友情に厚いのは不良だけじゃないぞ。
優等生だって、スポーツ少年だって、オタクだってみんな友情には厚いのだ。

そもそも、漫画でもドラマでも優等生が主人公になることってあまりないんだよね。
題材に挙げられるのは、「不良」「勉強は出来ないけどスポーツ万能」「何もとりえのない子」だ。
「勉強は出来るけどスポーツがダメな子」は、大抵嫌なやつとして描かれる。
友情よりも塾に行くことを優先したり、成績を自慢したり、大抵悪賢い子だったり。

ゆとり教育だのおバカブームだのいってるけど、日本人って勉強が出来る人を
嫌う傾向にあるのかなあ?
わたしが知ってる限り、秀才には優しい人が多かったよ。
そりゃ、嫌なやつもいたけれど、それはスポーツ少年なんかだって同じこと。
勉強が出来る出来ないと、優しさってまた別の問題でしょ。

アメリカのドラマの主人公なんかは、勉強もスポーツも出来るような子が多いよね。
「フルハウス」のタナー家の三姉妹はみんな優等生っていう設定だったっけ。
まあ、不良やバカが主人公のドラマだったら、日本に入ってこないかもね。笑

ただ、実際のところ学校で人気があった人って、不良やスポーツバカよりも
勉強もスポーツも出来て、遊びもこなせちゃう人が多かったような気がする。
わたしの中学や高校ではそういう傾向があった。
よそでどうだったのかは知らない。
不良を賛美するドラマや漫画が多いのは、相手にされなかった不良の
心を慰めるためにあるのかもしれない。

そんなわたしはというと、勉強は中途半端に出来る程度で、
スポーツはからっきし、何のとりえもない子どもだった。
それで大人しくて目立たないなら、それはそれでよかったんだけど
わたしの場合なぜか悪目立ちして、いじめのかっこうのターゲットになるか
恐れられて近寄りがたい雰囲気があったらしい。
「ちびまる子ちゃん」でいうなら、永沢くんのポジションに近いかも。笑
けっこう陰険なところもあったからね。

ま、とにかく不良を賛美するような漫画やドラマは撲滅した方がいい。
悪徳の限りをつくした不良たちが、内部抗争と覚醒剤遊びの末に
自滅する物語でも作った方が、世のため人のためになると思う。

ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いじめ

こんにちは。

自分の子供の頃を思い出しましたよ~。群れるのが苦手だった私、幼い頃によくいじめにあいました。どっちのグループに属さないから(他にもひねくれた性格のせい!?)っていう理由で仲間外れにあってたなあ。
「いじめにあう人にもそれ相応の理由がある」ってよく片付けられてしまう事があるけど、どう考えたっていじめを正統化するなんてオカシイよね。大人とか子供とか関係なく理由は何であれ、『よってたかって』はズル過ぎると思う。

どうせやるなら、信念持って一人で貫いて欲しいのよねえ。
Ooops、オーバーヒートしてしまいやした。苦笑

Oserさんへ

どんな理由があっても、いじめは正当化されるべきじゃありません。
いじめにいいイジメと、悪いいじめとでもいうんでしょうか。
そんなことを言うのは、ブッシュの支持者だけで十分ですよ。
わたしも小さい頃、一人が好きな方でしたし、集団は今でも苦手なんですよ。
その割に、変に人恋しいところがあるのも事実ですが。苦笑

激しく同意。
「昔のやんちゃ」を武勇伝として語るのは、
かっこわるいことこの上ない。
あー、まだこの人の価値観って変わってないんだなぁと
思ってがっくりしちゃう。

そういう人は、
きっと今誰かに迷惑をかけていても気づかない。

ヤンキーが友情に厚いのではなく、周りに自分を認めてくれる人がいないから
一緒に悪いことをすることで、周囲の目を引いたり、
仲間意識を作っているだけだと思うな。
そういうのって友情に厚いっていわない気がする。
それ以外の方法を知らないか、その方法に甘えてるんだと思う。

さつきへ

そう、価値観変わってないんだなあ・・・・って。
どっかで「カッコいい」とか思ってるんだろうね。
ああいう友情の厚さって、排他的で束縛が強いからね、
共依存的な感じがしてちょっと友情とは違うような。
それはヤクザの家族的な雰囲気に近いものがあるかも。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。