久しぶりにマドンナネタをいくつか

マドンナ
04 /21 2009
マドンナが落馬事故を起こしたそうだ。

幸い今回は軽症で済んだみたいだけど、以前(2005年)には
あばら骨を折るという大怪我もしたことがあるので、
ファンとしては「危ないことはやめて欲しいな」ってのが本音かも。

今回はパパラッチが急に飛び出してきたので、それに驚いた
馬が暴れて落馬したなんて言われている。
ただパパラッチはそれを否定しているようだ。

それにしても最近、特に離婚して以来だけれどマドンナは
どうも冴えないニュースが多いなあ。
再び養子問題でバッシングを受けているようだけれど、
ファンとしてはとても複雑な気分だ。

大家族で育ったマドンナは、多分子どもが好きなんだろう。
たくさんの子どものお母さんになりたい、苦しい境遇にいる
子どもたちを助けてあげたい、きっと純粋にそう思っていたに違いない。

ただバッシングしている人達の意見も一理あるし、先進国の人間のエゴや
セレブのエゴという側面も、残念ながら否めないと思う。

ただ今回の件で少しだけうれしかったのが、昨年に離婚した元夫の
ガイ・リッチーがマドンナを擁護する発言をしたことだ。
さらに、彼は実際にマドンナに会って慰めたという。
結婚生活は破綻してしまったけれど、二人には強い絆があるんだろう。

50歳にして22歳の男の子と噂になってるマドンナも好きなんだが、
やっぱりリッチーと結婚している時のマドンナが一番幸せそうで、
ファンとしては安心して見ることが出来た。
彼と再び結ばれることはないのだろうけど、二人の関係が
素敵なものであり続けるように願う。

そういえば、同じくマドンナの元夫ショーン・ペンも映画「ミルク」で
ずいぶん脚光を浴びている。
実話がもとになっている、ゲイの政治家の物語。
これはゲイにとって必見でしょ!

そういえば、ショーン・ペンはこの映画以外にも同性愛者の権利運動に
理解をしめしているなんて話も聞いたことがある。
マドンナと結婚している当初は、ゲイのことが大嫌いだったそうだ。
当時からマドンナはゲイの友達がたくさんいたので、ショーンは
彼女の友達とそりが合わなかったらしい。

そんな彼がいつどういうきっかけで、同性愛者に
理解をしめすようになったのかとても興味深いことだと思う。
残念ながら、きっかけはマドンナじゃなさそうだけれど。
誰か知ってる人いたら教えて下さいな。笑

ところで今年の夏にもツアーをやるマドンナなんだけど、
来日公演のアナウンスが全くないので、
今回も来日ないのかな~ってちょっとガッカリしている。
ダンサーに3人も日本人いるんだし、彼女日本好きだと思うんだけどなあ。
まあ個人的に日本が好きかどうかっていうよりも、日本で稼げるか
どうかってのが重要なんだろうけどね。

ネットなんかでは、
「もういい年なんだし、セクシーな衣装を着て踊らなくても・・・・」
みたいな意見もあるんだけれど、いくつになってもカッコいい姿を
見せてくれるのが彼女の素敵なところだ。
だからこれからもがんばって欲しい。

ただ、やはりマドンナだって人間だから、どうしても限界はくると思う。
これからはやはり、今までのようなコンサートは難しくなるかもしれない。
そうなったらそうなったで、また新たな方法でファンを楽しませてくれるんだろうけどね。

ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして

 ショーン・ペンは、ロビン・ライトとの子どもをもってから性格がまあるくなったみたいです(←何かで読んだ)。子育てすることによって、自分以外の他人への思いやりや理解しようという気持ちが芽生えてきたのではないでしょうか? ジョニー・デップもお若い頃は暴れん坊だったけど、子どもができたことによって今は穏やかな人柄になってるみたいですし。

emanonさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
やはり子どもを持つことで、人は変わるんでしょうね。
きっと本性は悪い人じゃなかったんでしょうが、けんかや
暴力が多い性格だったので、若い頃は抑制がきかなかったんでしょう。
しかしジョニー・デップも暴れん坊だったんだ。それは意外な感じです。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。