おもちつき

雑記
12 /30 2008
今日はもちつきでした。

うちでは毎年末にもちをつくのが恒例行事になっています。
わたしは残念ながら仕事だったので、ほとんど手伝うことが出来ませんでした。

もちつき

もち米を炊いているところです。
ガスでやっても問題はないと思うのですが、かまどで炊くと何だか本格的ですね。
でもガスより失敗する確率が高く、わたしはガスでやるべきだと毎年思っています。
ちなみに火をくべているのは兄です。


ところで、もちつきというと木で出来た杵とうすを思い浮かべますが、
うちは機械でもちをついています。
もちつき2

わたしが生まれる前からありました。
よくもまあ壊れないでがんばっていてくれるものです。
年に一度しか活躍する機会がないからでしょうか。

これがいきなり壊れたら・・・・困ります。


出来上がったもちです。
もちつき3

西日本の人なら見慣れていると思いますが、丸いもちなんですよね。

関東では四角いもちのようですが、あれを初めて見たときは衝撃的でした。
個人的には丸いもちの方が好きだな。

ところで、不思議なことに学生時代を過ごした高知県は、西日本なのに
四角いもちが主流でした。
周りの愛媛、香川、徳島では丸いもちだというのに。

周りを山と海に囲まれた地域だったので、独自の文化が発達したのかもしれません。

正月は元旦から出勤なので、正月気分も何もあったもんじゃありませんが、
雑煮を食べるのが今から楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。