イナカーズ

雑記
12 /29 2008
わたしが住んでいる地方では、苦しい、疲れたという意味で「えらい」という言葉を使う。
「今日は仕事が忙しくてえらかったわ~」という感じだ。
中国地方全般と、あと東海地方の一部で使われているらしい。
関西や四国では使わないようだ。

わたしはこれは標準語だと思っていたので、大学に入った当初
関西圏や四国の子が大半の環境で使ってしまい、気まずい雰囲気になったことがある。

「どうした?えらそうだね?」(意味:気分悪そうだね?)
「わたし今日えらいわ~」(意味:疲れたよ~)

知らない人が聞いたら、たしかに誤解するかもしれない。

標準語だと思っていた方言というのは、他にもある。
例えば、「からむ」だ。
これは「紐でくくる」という意味で、「そこの新聞紙からんどいてよ」という使い方をする。
つい最近方言だと知って驚いたものだ。

他にも、「戸を閉める」ことを「戸を立てる」と言ったり、
「離れる」ことを「逃げる」と言ったり、「荷物を持つ」ことを「さげる」と言ったり
標準語っぽいけど実は方言だったというのが案外あるのでびっくりする。

よくもまあ、四年間も県外にいたのに気付かなかったものだ。
誰もつっこまなかったのかな?
あるいはわたし話を聞いていなかったのかもしれないけど。

逆にアクセントとかにはけっこうみんな敏感なので、よく注意されたものだ。
標準語では「いす」は「す」の方にアクセントがくるけれど、
わたしの地元では「い」の方にアクセントがくる。
「いちご」も標準語では「ち」だけれど、地元では「い」だ。

あと、「ラーメン」も「ラ」のところにアクセントがくるので、
ぱっときいたら「ザーメン」みたいに聞こえてしまうのだ。

大学に入ったばかりの頃「わたしラーメン大好き!」と言ったら
その場にいる一同凍りついてしまったことがある。
いくらわたしでも、人がたくさんいる場所で「ザーメン大好き!」は言わない。

わたしの場合、下ネタも平気で言っちゃうからまあいいのだけど、
若い女の子が言ったらちょっとマズいかもしれない。

つい先日、地元のゲイ友達と「セックスの時は方言を使うか」という話をした。
二人とも、わたしも彼ももちろん「使わない」。

「ほらほら、ここがいいだかや。もっといい声出してみいだわ」
(訳:ほらほら、ここがいいのかい?もっといい声出してごらん)

「あっちゃ、いけんわ!そげなことしたらイってしまあがね!」
(訳:ああ、ダメえ!そんなことしたらイッちゃうよぉ~!)

「はやく挿れてごすだわ~」
(訳:はやく挿れてよぉ~)

もう考えただけで笑ってしまう。
色気なさすぎだろ!
っていうか、よく考えたら別に方言じゃなくてもセックスの最中に
こんなこと言ってないのだけど。

地元弁でセックスは興ざめだけれど、実は密かに地元の言葉で
愛をささやかれたいと思っていたりする。

どんな言葉でもいいんだけどね、愛の言葉なら。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

面白い

私は東京生まれの横浜育ちなので
方言っていうか、江戸弁みたいなのはあるんですが
(『し』と『ひ』が言いづらい、みたいな)
方言って分からないんですよね
だから、その土地にある言葉っていいなぁと思ったりします

愛の言葉も、気持ちがこもっていればどちらでも嬉しいかなっ
なぁんてね

rumさんへ

江戸っ子弁ってあるんですよねえ。
「ひ」と「し」については聞いたことがあります。
以前は方言って田舎っぽくて好きじゃなかったんですが、
最近は割と好きですね。男性の九州弁とか、特にセクシーですよ。
愛の言葉は・・・・気持ちがこもっていてこそですね。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。