ホワイトムスク

雑記
11 /18 2008
ホワイトムスク
ボディショップのボディローションと、オード・トワレです。

両方ともホワイトムスク・イントリーグという匂いで、とても甘く濃厚なかおりがします。

わたしは香水はサッパリとしたさわやかなやつより、甘いかおりの方が好きです。

好き嫌いがわかれますが、プワゾンなんかが大好き。

仕事中はギュペ・シルクをつけてます。

これもバニラのような甘い濃厚なかおりがします。

ディオールのヒプノティックプワゾンに似てます。

もともとはそっちをつけていましたが、製造中止になってしまったので

ギュペ・シルクをつけるようになりました。


甘くて濃いかおりの香水はは首筋につけると匂いすぎてしまうので、

足にワンプッシュしてほのかに匂う程度にしています。


関係ないですが、以前好きだった男の子が「ブルガリブラック」という香水を

つけいたので、それ以来このにおいがするとすごく切なくなります。

これも、甘くて濃いめのかおりです。

夏はサッパリした香水をつける人も、寒くなると濃厚なかおりを好むようですが

この時期になると色んなところからにおってくるので、しょっちゅう切なくなります。

おまけにこの香水は若い男の子にとても人気なんですよね・・・・。

好きな人のにおいを思い出して切なくなるってのは、ちょっと色っぽいけど

あまりしょっちゅうだと何だか興ざめですね。


これとは少し違うけれど、学生時代はヴェルサーチの「レッドジーンズ」というのを使っていました。

これは柔軟材のかおりにすごく似ています。

「セーター洗うたんびにあんたのこと思い出すわ」というメールが友達からきました。

これはあまり色っぽくないな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。