期末テスト

雑記
11 /28 2005
やってきたよ。
またやってきたよ。悪魔の日々が。
夜遅くまで学校に残って、パソコンとにらめっこして、
それでも間に合わないと焦って冷や汗かくあの日々が。
そう、それはテスト期間。
今は期末テストの真っ最中なのだ。
生徒のストレスは最高潮。
そして教員の疲労も最高潮。

こんな時に限って事件を起こす生徒もいる。
もういい加減にしてよ。どこまで人を煩わすの。
こっちだって忙しいんだからね。

もちろん口に出して言わないけれど、こういうのは
ついつい態度に出てしまうようだ。
それを生徒は敏感に感じ取る。
あたしのイライラは生徒のイライラにつながる。

でも
どうやって余裕をもてばいい?
どうやって牙をむく生徒に優しくなればいい?
どうやったら心ない言葉に傷つかないでいられる?
あたしは心の中にバリアをはり
生徒はそのバリアを拒絶と見なす。

期末テストはまだ始まったばかり。
生徒のストレスも、あたしの疲労もたまっていくばかりだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

学生時代、この時期が一番嫌でした。私は女子高だったけどテストの結果を教室の後ろに張り出していました。恥かしいたっらありゃしない。
2005/11/30 3:13

先生って大変なんですね~
そんな苦労も知らずに
事件起こしてました (^^ゞ

すいません・・・m(_ _)m
2005/11/30 11:26

ストレスたまったら、
遠慮せずブログで吐き出しましょう!
書くことで、冷静さを取り戻すことができるし、
他の人の意見で、心が和らぐこともあります。

先生、問題起こすコばかりじゃなくて、
まじめな私のことも少しは見て。
と、学生の頃よい子だった私は寂しく思ったものです。
2005/11/30 22:16

期末テストか~
先生も大変だと分かるようになるのはきっと卒業して、働くようになってからなんでしょうね…
先生だって人間なんですよね
当たり前なんだけど

年が近い分、なかなか大変なのでしょうね(;_;)若い先生はターゲットでしたから
少しの辛抱です。応援してます
2005/12/01 23:01

大変ですね・・・お気持ちお察しします。
今はブログどころじゃないカモだけど
一段落したら、ココでストレス発散しちゃって
くださいねっ!(^_-)=☆

「あたしは心の中にバリアをはり
生徒はそのバリアを拒絶と見なす。」

この言葉、ドキッとしましたよ。
「生徒」ってところを変えれば
全ての人間関係に当てはまるような気がして。
私もちょっとしたことで傷つきやすいタイプなんで
心にバリアを張ることはしょっちゅうです。
でも、それって相手に見透かされてるのかな?
難しいなぁ・・・。
2005/12/03 2:45

【ハンドルネームバトン】受け取りました!
また読んでくださいね~♪
2005/12/03 2:47

みなさんコメントありがとうございます。

>Miyokoさん
あたしは学生時代、試験期間は結構好きでしたよ。
何故かというと学校が早く終わるからです。
順位は張り出されるということはなかったのですが、
それでも個人成績表というのはありました。
43人のクラスで43番というのは結構つらいものがありました。

>カズさん
な、なに~!?カズさん問題起こしてたの??
かくいうあたしも、中学高校はそれなりに問題起こしてました。
というか、高校では存在自体問題に近いものが(汗
でも、どんな事件や問題でも、笑ってすませられるものと、
すませられないものがあるんですよね。
最低限人を傷つけたり、人の道に外れたことはいけないと思います。

>kappaさん
ありがとうございます。
書いてるときに冷静さを取り戻すこと、ありますね。
投稿ボタンを押す瞬間、あまりに幼稚なことを書いているので
投稿をやめたこともあります。
ブログは結構いい癒し効果があるんですよね。
>先生、問題起こすコばかりじゃなくて、
>まじめな私のことも少しは見て。
こう思う生徒の気持ちはすごく大事にしてあげないといけないと
思います。問題起こす子も、真面目な子も生徒には変わりありません。

>とんすけさん
卒業してから、何年か経ってからわかってくれるなら、
それはとってもうれしいことなんです。
こっちの気持ちが全く伝わらないとき、ひどく
空しい気持ちになるときがありますが、
「いつかわかってくれるに違いない」
こう思わないとやってられません。

>kameさん
あたしも傷つくのがすごく怖い人間なので、
心にバリアをはりながら生きてきました。
裸の心のまま相手と向き合うのはすごく大変なことです。
大人なら、うまくバリアを剥がしてくれたり、あるいはバリアの
むこうの心を見ようとしてくれる人もいる。
しかし、子どもの心はもっと単純で純粋なんです。
生徒との付き合いの中から学ぶことが出来るのも、
教員という仕事の素晴らしさだと思います。
同時にひどくしんどいことでもあるけれど。
2005/12/04 13:03

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。