「兄貴っ!」「弟よっ!」

雑記
09 /03 2008
brothers

mixiのコミュに「兄弟みたいな彼氏が欲しい」というのがある。

これはゲイ向けコミュニティの一つだ。

何かコミュの名前からして気恥ずかしいものを感じるなあ・・・・と

思いつつも、ついつい自分もそこに参加してしまった。

だってねえ・・・・欲しいもん、「お兄ちゃん」みたいな彼氏。


古い(最近も?)ゲイ漫画なんか読むと、「あぁっ!兄貴イクっす!」みたいな

セリフが出てくるし、ゲイの恋愛関係と、義兄弟関係って似てる部分があるんだろうな。

もちろんそういうのを気持ち悪いと感じる人もいるようだし、わたしもさすがに

「僕のことお兄ちゃんって呼んでいいよ」と言われたときはぶっ飛んだ。

そう言いつつ、どこかで好きな人を「お兄ちゃん」とか呼んでみたいと思う自分もいるので

我ながら複雑だ。(っていうか、ただのワガママだろ!)


実際のとこ、「兄弟みたいな彼氏」なんてのは一種のファンタジーなんだと思う。

うちは兄は優しかったし、小さいわたしと遊んでくれたいいお兄ちゃんだったけれど

大抵の家庭では兄は弟をいじめるもの・・・・だというし、

成長期を過ぎた兄弟がベタベタしてる光景ってあまり見たことない。

大体兄弟でセクシャルなつながりがあったら、近親相姦じゃないか。

ん~、でも例えば男女の場合と違ってゲイの近親相姦ってどうなんだろう?

倫理的にはともかく、法律的にはあまり問題はなさげ・・・・って、ちょっと話が変な方向にいってしまった。


あれだ、ようするにオタク男子の「妹萌え」と同じ種類のもんなんだろう。

甘え、甘えられ、深いつながりのある関係というのが「兄弟」になるわけだ。

ん~、でももしかしたら、それこそヤクザの「兄貴と舎弟」みたいな「義兄弟」から

ゲイの義兄弟恋愛はきているのかもしれない。


ちなみに、実は元彼とも義兄弟的な関係はあった。

なぜか四つも年下のわたしが「お兄ちゃん」だったけれどね。

元彼が一人っ子だったから、まあしょうがない。

義兄弟ってのは単純に年齢の問題でもないようだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。