スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンドームあれこれ

雑記
08 /31 2008
コンドーム

今日の職場でのヒトコマ。

店長がお腹が痛いというので、すかさず腹痛薬を出してあげた。

「Kazuccineさん、何でそんなもん持ってるんですか!?」とKくん。

「用意がいいんだよ。そなえあれば憂いなしってやつね」

Kくん「用意よすぎだよ」

「うふふ、他にも色々持ってるんだよ。あとはね・・・・」

と、かばんの中をごそごそとやっていると、すかさずKくんがあるものを発見した。

Kくん「うわぁ!コンドームまで持ってるんですか!?」

「ちょっとぉ!どこ見てるのよぉぉぉっ!!!!!」

さすがにわたしだってそんなもん見られたら恥ずかしい。

どうやら以前買ったやつがそのまま入っていたみたいだ。

その場にいたKくん、昨日記事に出てきたB型Tくん、店長、ドン引き。


Kくん「Kazuccineさん引くわぁ~」

Tくん「やる気まんまんっすね~」

何だか非難めいたものを感じる。

それが少し不愉快というか、妙な違和感があった。

確かに今恋人がいるわけではないし、コンドームを持ち歩く必要はないかもしれない。

でも、一体何が起こるかわからないのが世の中だし、いざという時のために

相手や自分の身を守るために持ち歩くのはおかしいことじゃないと思う。

仕事帰りにゲイの友達と会うことだってあるし、わたしとしては必要なそなえ以外の何ものでもない。


「何かあった後じゃ遅いでしょ?あくまで用心のためなんだからさ」

と、わたしが言えば

Tくん「いや~そもそもそういうのを想定してること自体・・・・」

う~ん、これがノンケの感覚なの?と思い自分を振り返ってみると・・・・

今までゲイの人と知り合った時、八割方は会ったその日のうちに何らかの関係を持っている。

ゲイの出会いにセックスは密接なつながりを持つ。

たしかにノンケの感覚とは少しズレるかもしれないな。


そうはいっても、ノンケだって昔に比べたら性には開放的になってきたんじゃないの?

すごく「お盛ん」な人はそうそういないだろうけど、「一夜の恋」に

まったく身の覚えがないような人って、果たしてどれだけいるんだろうか?

特に、女友達から中絶や性感染症の話を聞く度に、「コンドーム持ち歩いてよ」って思う。

そもそも、女は理不尽な性暴力の標的にされることもありうる。

デートレイプなんていう卑劣なことをする男だっている。

そんなことに巻き込まれないにこしたことはないが、巻き込まれない保証なんてない。

コンドームを渡したことで、和姦にされてしまうこともあるらしいけれど

それでも性感染症や妊娠を考えたら、コンドームで身を守るしかない。

たとえ恋人がいなくても、セックスする相手がいなくても、「もしも」を考えて

コンドームを携帯していて欲しい。

それは男だって同じことだ。


まあ、引きっぱなしのその場にいた男子諸君だったけれど

「あんたちね、まさか『外に出す』が「避妊』だとか思ってんじゃないでしょうね!?」

というわたしの言葉には、

「そんなことないっすよっ!」と声をそろえて言った。

これは少し安心だな。

いまだに膣外射精を「避妊」と勘違いしている人は多い。若い人にもいる。

日本の性教育はまだまだだと思う。

バックラッシュなんて情けない現象が起きてちゃ、もっともっと酷くなりそうだ。

たとえ引かれたとして、わたしは身の回りからでも少しずつ、わかってもらえるようにしよう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。