スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロ狂い

性的な内容
08 /09 2008
「君は本当にエロいな。狂ってるよ」

こないだ寝た男に言われた言葉だ。

「俺もけっこうエロいけどさ、君のは・・・・何ていうか、濃すぎだね」

あのねえ、わたしはきみのことが好きなんですよ。

激しく求めすぎちゃうのも、好きだからこそなんです。

きみにとっては遊びでセックスするだけの関係かもしれないけどさ。

それでもそばにいたいから、わたしはこの関係に甘んじているのですよ。

そう思いつつも、口に出すことが出来なかった。

重たいとか思われるの、いやだから。


それはともかく、わたしは病的なくらいセックスが好きだ。

もちろん人にもよる、相手によっては本当に淡白になれる。

乱交とかグループセックスには興味がないし、ハッテンバにも行ったことがない。

むしろゲイの中ではおとなしい方だ。

でも相手のことが少しでも好きになっちゃったら、本当に骨の髄までしゃぶり倒しちゃう。

おしゃべりしている間もセックスのことしか考えられなくなるし、

何時間でも何度でもセックスし続ける。

まあ、たいてい相手が嫌になったり、疲れて続けられないのだけど。

これがわたし流の「好き」であり、「愛情」だ。

その人の人格や内面は後から好きになる。

恐らく世間一般の感覚とも、ゲイの多数派の感覚ともずれていると思う。

わたしの恋愛はセックスが入り口だ。

骨の髄までしゃぶり倒したくなる、自分のすべてを捧げてしまいたくなる。

これがわたしの愛。まさにエロスとアガペー。


逆の場合もある。

セックスが下手な人は、関心をなくしてしまう。

それどころか、嫌な面ばかり目について人格や内面まで否定してしまう。

外見だけで人を判断するな、といわれるけれどわたしの場合、

セックスだけで人を判断するな、かもしれない。


「多分君はすごく純粋で、すごく真面目なんだろうな」

上の発言をした彼から、こんなことも言われた。

「純粋で、真面目で、だからこそ情念が濃い。濃すぎて狂ってる。

すぐベタベタと甘えてくるところ、以前はかわいいと思ってたけど今は少し怖いよ」

あーあ、引かれちゃってる。

もしかしたら、これから少しずつフェードアウトしていくかもな・・・.

「いっぺん遊び倒してみなよ。スカッと楽しくセックスできるようになるよ」

そうかなあ?うん、そうかもしれない。

でも、わたしだって遊びで楽しくセックスすることだって出来るんだよ。

そして、今はきみのことしか考えられないんだ。

狂ってるぐらい、きみのことが好きなんだよ。


こんなことをブログに書くのは、少し躊躇するものがあった。

長年ブログやってるけど、ここまで剥き出しの内容を書くのは初めて。

リアルでの知り合いも見ている人がいるし、やはり少し恥ずかしい。

それでも書きたいと思ったのは、彼の言葉が心の中で重たい意味を持ち始めているから。

なんていうか、今までは自分の恋愛がおかしいとか考えたこともなかった。

文章中の彼だけじゃない。

好きになったけど体だけの関係に終わってしまった人は他にもいる。

色んなゲイの人たちのブログを読んでいると、

「好きだからこそ、ちゃんと関係を築きたいからすぐにセックスしない」

という内容の文章をいたるところで目にする。

きっとそれが正しいのだろう。

わたしみたいにセックス主導で、そこから入っていく恋愛なんてうまくいきっこないのかもしれない。

純粋に遊びでセックスしたい人にとっては、重た過ぎるのだろう。


考え直さなきゃな。

上手く自分をコントロールして、ちゃんと関係を築けるようになろう。

失敗と年齢を重ねて、そこから学んでいかなきゃいけない。

それが幸せへの第一歩だ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

セックスから始まる恋愛だって在るよ。理屈じゃないから。身体の相性って凄く大事だと思うな。どちらかといえば私も気持ちから入る方なんだけど、セックスから始まった恋愛だって在ったよ。君にも良い出逢いがありますように。

光さんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
そう、セックスから始まる恋もあると思う・・・・。
でも圧倒的にそうはならないことが多い気がします。
理屈じゃないからね。出会いって奇跡だと思う。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。