艶福の耳

雑記
08 /05 2008
福耳

自分の体の中で、あまり好きになれないのがこの「福耳」。

褒められることもあるんだけど、美的な観点からいうとでかすぎるんだよな~。

「福耳」なんていいつつ、福が舞い込んできたことなんてないし。

役に立つといえば、料理中にやけどした時ぐらいだ。


でも少しだけうれしいこともある。

福耳の福をしたってか、単に気持ちよさそうだからかわからないけど

触ってくる人が多いんだよね。

こないだ好きな人に触られちゃった。

思わず「あぁっ!」と声を出してしまった。

キスしてくれたらなおよかったんだけど、まあそこまで望むのも贅沢だろう。

案外、この福耳が艶福をもたらしてくれるかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。