スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポジティブなのは素敵じゃない

雑記
07 /21 2008
ポジティブな人とネガティブな人だったら、当然ポジティブな人の方がいい。

でも、度を越したポジティブシンキングは正直疲れる。

物事の悪い面ばかりでなく、いい面を見つけるのはいいことかもしれない。

でも、考えようによっては悪い面から目を背けているだけにすぎない。


最近こんなことを思うのも、以前勤めていた会社を辞めてちょうど一年が過ぎたからだろう。

あの三ヶ月間は本当に辛かった。

今思えば本当に理不尽なことが多かった。

ただ、「相手に口ごたえする前に、自分を変えよう」というその精神で全て乗り切る覚悟だった。

上司から酷いことを言われても「わたしを思ってこそ、厳しいことも言ってくれる」って思ってたし、

無理なことを言われても、「わたしだったら乗り越えられると思って任せてくれてるんだ」と思ってた。

というよりは、無理やりそうでも思わないとやっていられなかったからだ。


バカバカしい。

ストレスの発散、八つ当たりでも厳しいことや酷いことは言える。

出来もしないことを一人でやらせるのは、上司としては最低の行いだ。

何でもかんでも善意に解釈して、問題を曖昧にしていただけだった。


どんな辛い経験でも、必ず自分の糧になる。

若いうちの苦労は買ってでもしろ。

この言葉は真実だと思うし、実際あの時期の体験が全くムダだったとは思わない。

でも実際「しないでもいい苦労」っていうものはあるんだと知った。

理不尽な苦労なら、突っぱねた方がよっぽどプラスになる。

何かを得ようとする姿勢は大事。

でも、失うものの大きさから目をそらして、得たものを誇るのは間違いだ。

それは強さじゃない。弱虫の姿勢だと思う。


「何ごとも自分次第」

それは事実だ。

でも、明らかにおかしいこと、理不尽なことには声をあげることは大事。

そんなもんまで「自分次第」なんて言ってたらボロボロになるよ。

前ばっかり向いても見えてこないことはある。

たまには後ろを向いたり、横を向いたりしてもいい。

要はバランスの問題なんだろう。


自分をごまかすためのポジティブシンキングは全然素敵じゃない。

いつもポジティブに、ポジティブに、って思ってる人は少し立ち止まってもいいかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。