Je suis desolee (Sorry)

雑記
07 /16 2008
接客業に携わっているわたしには「申し訳ございません」という言葉は非常に身近だ。

別に申し訳ないわけでもなきゃ、こっちが悪いわけでもない、相手が怒っていなくても

まるで枕詞のように会話の中で頻繁に出てくる。

「クレームの対応をするときは、まずお客様の話をとことん聞いて、それから謝って下さい」

上司からはこう教育された。

言い訳、というよりは事実説明や状況説明なんだけれど、こちらを優先したらお客様の怒りに火を注いでしまうのだ。

とにかく「申し訳ございません」が言えなきゃ、客商売はなりたたない。

でも日常会話の中で「ごめんなさい」を言う機会も意外に多い。

「ごめん、これ手伝ってもらっていい?」

「ごめんね、ありがとう」

あまり意識してないけど、口癖のようにみんな「ごめんなさい」って言っている。

日本語の文化において、もしかしたら一番大事な言葉かもしれない。

逆に英語圏の文化では、「sorry」は軽々しく口にしていい単語ではない。

ビジネスの場においては絶対に言っちゃいけないといわれている。

ただ、外国人講師とおしゃべりしてる時、意外に気軽に「Oh, sorry.」と言っていたので

そこまで神経質になっているわけではないかも。

あくまでビジネスの場において、責任の所在が問題になるからだろう。

アメリカ人が絶対に「Sorry」を口にしないみたいに言う人もいるけど、ありゃ少し大げさじゃないかな。

いずれにせよ、日本語なみに「ごめんなさい」が気軽な単語でないことは事実だ。

「『ごめんなさい』よりは『ありがとう』をたくさん言うようにしたいな」

これは友人の言葉だ。

たしかにそう。「ありがとう」は本当に素敵な言葉だと思う。

でも「ごめんなさい」も実はすごく大事な言葉だ。

「ごめんなさい」もろくに言えないやつは「ありがとう」なんて口にしたためしがない。

‥‥と、これはわたしの経験上だが。

8割方こっちが悪くても、2割向こうが悪いならどうしても譲れない時がある。

そんなときに「ごめんな、俺も悪かったよ」と言われたら、一気に気持ちが軽くなって

素直に謝ることが出来たりする。

「だって、だって」と言い訳したい気持ちを察してくれている気がするからだ。

「ごめんなさい」は相手の気持ちをなだめる、すごく便利な言葉だ。

わたしは日本語や日本の文化における、優しさや気遣いの精神を感じられるので、

「ごめんなさい」という言葉は嫌いではない。

考えようによっては謝って何でもすます文化みたいにも思えるけど、

少しでも相手に非があるなら絶対に謝らない!っていう文化よりはずっと優しく、暖かい精神があると思う。

英語圏の人たちが、日本人が気軽に「ごめんなさい」を口にすることを不審に思うように、

日本人からしたら、彼らが「I love you」を頻繁に口にしているのは奇妙に思える。

そんなん簡単に口にするなよ、と。

お前人を愛することの重みを知っているのか?と思うのだ。

ポルノビデオのピロートークで出てきたりしたら、エロそっちのけで吹き出しそうになる。

日本語で「愛してる」なんて言われてもあまり感動はない。

場合によっては腹が立つ。

「お前、愛しとる人間をほったらかしにしといてよう言うわ!」

って言いたくなるのだ。

ところが、

「淋しい思いをさせてごめんな」

「今日はほんまに楽しかったよ。ありがとう」

なんて言われた日には、悔しいけど嬉しい。

「愛してるよ」よりずって愛を感じられるはずだ。

そう思いつつ、「愛してるよ」って言葉も聞きたい。

何ともワガママ。

恋人に求める条件があるなら、「ごめんなさい」がきちんと言えることは必須だ。

「ありがとう」が言えたらなお良い。

カッコいい車に乗ってて、キスも上手で話が楽しくても、「ごめんなさい」が言えない男は幻滅だ。

まあ、浮気しても「ごめん」ですまされたらたまったもんじゃないが。

「ごめんなさい」と「ありがとう」

この言葉をいつまでも大事にしていきたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うん

頷きながら読みました
ホントにそうです
ごめんなさいとありがとうが言える人って大事なポイントです
必要な時に言えなくちゃ意味がないけれど

照れて言わないというのもあるかもしれないけど、やっぱり言ってもらえると嬉しい
だから私も言っていきたいな
ありがとうも、ごめんなさいも

rumさんへ

>必要な時に言えなくちゃ意味がないけれど
そうですね。これもけっこう重要なポイントかも。
とりあえず言っとけ、っていうのは雰囲気で伝わりますから。
親しい間柄だと、照れて言えない時もあります。特に男の子の場合ね。
だからこそ、きちっと言える人は余計素敵にうつります。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。