1982年生まれ

シリアス
06 /13 2008
また同世代か・・・・。

そう思った。


秋葉原の無差別殺傷事件の加藤容疑者のことだ。

彼は25歳。わたしと同い年。


1997年。

神戸で14歳の少年が次々と子供たちを殺し、傷つけ逮捕された。

彼はわたしと同い年だった。


2000年。

17歳の少年がバスジャックをして、人を殺した。

同じ頃、人を殺す経験がしてみたかったと言って17歳の少年が逮捕された。

そのとき、わたしも17歳だった。


昭和57年生まれ。

あまりにショッキングな事件を起こす人たちが集中している。

偶然なのか、理由あってのことなのか。

当たり前だけど、こんな理由なき殺人を犯すやつらに共感することなど出来ない。

一体どうしたら、こんなに命の重みがわからない人になってしまうんだろう。

ひたすら疑問に思う。


格差社会。

派遣社員。

オタク。

加藤容疑者には、今の若者たちにとって非常に身近な背景がある。

でもそれが本当に事件の引き金になったのか、考えてみる必要はあると思う。


今はわからないことが多すぎる。

亡くなった方たちの冥福を祈りたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

テレビ見てて思った。

あー、やっぱり同い年だったか。
Kazuccineくんもそれくらいじゃなかったかなーって思ってたんだよね。
なんだか「社会が作り出した」みたいな言い方をする人もいるけど、
どうなの?同い年としてなんとなくわかるなぁみたいな部分ってあるもの?

ハリーさんへ

>「社会が作り出した」
基本的に犯罪というのは、何かしら社会や制度の影響があるものだと思います。
もちろん、「すべて社会が悪い!」って言って犯人を擁護するのは筋違いもいいところ。
しかし、「結局は彼個人の問題じゃないの」と責任を丸投げするのもよくない。
大事なのはこの事件に関して、一人一人が重く受け止めることだと思うんですよね。
共感できないのは確かだけど、理解する努力は必要です。それが亡くなった人たちに対する、社会全体の責任なんじゃないかな。
ただ、同い年として・・・・って言われると少し微妙ですね。何となく思うところはあるけど、長くなるのでそれは別途にて。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。