スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズ検査①

雑記
05 /30 2008
エイズ検査を受けようと考えていたのは、以前から。

ゲイである以上、エイズは無視できないものだ。

前の彼とつき合っている時はまったくコンドームは使っていなかったし、

彼と別れた後、何人かとコンドームなしでセックスした。

それがどんなに危険なことかは知っていた。

相手はみんなよく知らない人だったし、どれだけ遊んでいるかわかったもんじゃない。

セックスした後に後悔。そして不安と恐怖が襲ってきた。


検査を受けなきゃいけない・・・・・

でも、怖い。


「受けなきゃ」「でも怖い」

自分の中で押し問答ばかりしていた。


「受けたらスッキリするよ」

と、人は言う。

でもそれは感染していなかったらの話だ。

感染していたら奈落の底に突き落とされるだろう。

わたしの中では「怖い」という感情の方が強くなってきた。

怖さから逃げるようになり、検査のことはあまり考えなくなった。


そうこうしているうちに友人の一人が肝炎にかかった。

つき合っている彼からうつされたという。

「信頼してたのに・・・・・」

彼は言った。

一緒に住むほど仲の良かった二人だけど、相手は外で浮気していた。

信頼では病気は防げない。


今年の一月、元彼からメールがきた。

「クラミジアうつされちゃったよ。誰からうつされたかもわからん」

彼はコンドームなしのセックスが大好きだった。

わたしと別れてからは結構遊んでいたらしい。


「何てこった」


びっくりするぐらい性感染症が身近になっている。

決して対岸の火事なんかじゃない。

怖がっている場合でもない。

「受けなくちゃいけない」

この気持ちは徐々に高まっていった。

でも、やはり「怖い」という気持ちもそれに比例して高まっていく。

眠れない夜が続いた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

【コンドーム】についてブログでの検索結果から見ると…

コンドーム をサーチエンジンで検索し情報を集めてみると…

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。