すべては返ってくる

雑記
05 /08 2008
祖母は近所の人の悪口が好きだった。

昔の女性なんてわりとそんなもんかもしれないが、わたしが小さい頃は

近所のおばあさん仲間とご近所の悪口大会をやっていた。

まるで極悪非道のごとき言いようで罵った近所の「鬼嫁」や「バカ息子」と、

次の日には笑顔であいさつをして、楽しく会話をする。

子ども心に、何となく嫌なものを感じた。

「ねえ、おばあちゃん。うちもよそでそういうこと言われてたらどう思う?」

こんなことを訊いたのは多分10歳ぐらい。

祖母の返事はこうだった。

「うちに何か言われることがあるか?あるなら言ってみろ」


近所の井戸端会議で悪口を言うのは、うちの母に言わせれば

「田舎のバアサンの社交」らしい。

「ああいうケッタクソ悪い年寄りにはなりたくない」なんて言っていたものだ。

祖母は決して悪い人間ではないと思う。

ただ、古い時代の人間なんだろう。


それにしても、「自分は人に後ろ指さされるようなことは何もしていない!」と

言われれば、何とも返しようがない。

「例えば、こういうことも人からしたら不快かもしれないよ」と実例を挙げても

「誰がそんなことを言った!?」ってなっちゃうから仕方ない。

そういう思考回路や想像力自体ないんだと思う。


悪口は全部自分に返ってくる。

単純なことなんだけれど、それがわからないんだ。


でも、年寄りだけではない。

自分のことを省みないで、一方的に人を非難したり、侮辱する人はたくさんいる。

それ自体悪いことではないんだけど、あんたは何も悪くないのか?

悪いことをする可能性はないのか?って思う。

そこで「あんただってこんなことしてるじゃないかッ!!」って子どもっぽい反応をする人もたくさんいる。

大の大人がやるようなことじゃない。

メディアの中に出てくる人たちにまでいるのが哀しい。

ネットの登場でさらにひどくなったように思う。


「俺のこと指差してみて」

ある人に言われたので、そうしてみた。

「自分の指を見てごらん。中指、薬指、小指がどっちをむいているか」

中指・・・・、薬指・・・・、小指・・・・。

はっとした。三つの指は、わたしの方をむいている。

「自分の方をむいているだろ?人を指差して笑うようなやつは、全部自分に返ってくるんだ」

本当にそうなんだろう。

指をささなくったって、発した言葉は全て自分に返ってくる。


わたしだって神様じゃない。

人の悪口を言いたくなることはたくさんある。

そんな時は自分に言い聞かせよう。

「悪口はすべて自分に返ってくる」と。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

なるほど。

初めまして。
悪口はすべて自分に返って来る・・・。
私もそう思います。

面と向かって注意するならともかく、
陰口って好きじゃありません。
中指・薬指・小指が自分を向いてるっていう
話は覚えておきますね。

ありがとう!

ぜんじーさんへ

初めまして。コメントありがとうございます。
陰口ってね、陰口になってないんですよ。
全部筒抜けになって、大袈裟になって本人に伝わっていくものです。
あいつがあんなこと言ってたよ、ってね。
だからわたしは絶対に言いたくないのです。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。