B型ゲイの気になるところ

雑記
04 /21 2008
血液型占いをそんなに信じている方ではないのだが、ついつい

「B型だなあ~」と我ながら思ってしまうことがある。

基本的に大雑把で適当にやり過ごすのに、わけのわからないところで

変に神経質になってしまうところなんか、いかにもB型っぽい。


今わたしが神経質になっているのがこれ。
comic&cover


コミックにビニールカバーをつけないと気がすまないのだ。

もともとは新しく買った本を大切にしようと、ビニールカバーも一緒に買った。

それは別にごく普通の行動だと思うんだけれど、今は持っている本全部にカバーをつけている。

何でかというと、何冊かだけビニールカバーがついていて他の本についていないという

状況がわたしの中でありえないのである。

新しい本や非常にお気に入りの本ならまだしも、数年後には廃品回収行きになりそうな

本にまで今は片っ端からカバーをつけている。

それどころか、すでにボロボロになって今さらつけても仕方ないような本にもつける始末だ。

ビニールカバーなんて安いものだが、それでも決して無料ではないのに我ながら理解しがたい行動だ。

動機が「何となくついていないのは嫌だ」というのがどうしようもない。


恐らく(世間でいうところの)A型的発想なら、「ブックオフに持っていくときのために」等

合理的な理由で本にカバーをつけるのだろうけど、感情のおもむくままに生きているわたしは

「何だかついていない本が可哀想」程度の理由しかない。

こんなんじゃあ世間にバッシングされても仕方ないと思うのだが、

そこで生き方を曲げられないのもB型のカナシイところだ。


・・・・と、まあいかにも血液型占い大好きな人が書いたような文章になったけれど

わたしは冒頭で書いたように血液型占いはそんなに信じている方じゃないので、

自分の行動を血液型のせいにしているわけではない。

世間でいうところの血液型占いのB型性格に、自分がすっぽりはまっているのも多分偶然だと思う。

ただ、変だとか個性的というイメージの集団に属しているのは正直うれしかったりする。

変だと言われて喜ぶのもB型の特徴らしいが、実際小さい頃からそう言われるのが好きだった。

単に思春期病患者の典型って気もするけどね。


これからもB型人生まっしぐらだと思う。

変な自分バンザイ。変な自分に幸あれ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。