スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今だからいえる失敗談

雑記
03 /13 2008
まず最初にことわっておくが、これから書く内容に関してわたしは恥じている。

恥じているし、反省もしているので決して呆れないで欲しい。

少なくとも5年以上前のことなので、今さら責めることだけはしないで欲しい。

それをふまえて続きを読んで下さい。



元彼とつき合っていた頃のことだ。当時19歳ぐらい。

元彼の家はけっこう特殊な家だった。

というのが、お父さんは別に家庭があったので彼の家にあまり

寄り付かなかったのである。

また、お母さんも看護師をしていた関係で、夜勤などで夜は家に

いないことも多かったし、実家にも関らず彼の家によく泊まりに行っていた。

勝手にお風呂をわかして入ったり、冷蔵庫を開けたり、まるで自分の家のように使っていた。

挙句の果てにトイレにウォシュレットがない等、えらそうに文句をつけていたので

今思えばどこまでもあつかましいというか・・・・、ここらへんだけでも人間として恥ずべきことだと思う。


そんな風にして彼の家に泊まったときのことだ。

ちなみに、彼の家に泊まったとき、とくにセックスをした後なんかは服を着るのが

面倒なのでそのまま裸で寝ることが多かった。

さすがに夜中にトイレに行く時なんかはパンツだけは穿いていたけど。

その日も夜中までセックスして、明け方目が覚めた。

何となくエッチな気分になったわたしは、「ねえ、もう一回しようよ~」と

彼におねだりしたが、彼は眠かったらしく動かない。

キスしたり抱きついたり、色々試したものの全く彼はその気にならなかった。


何となくそのまま寝ることも出来ないので、パンツだけを穿いて階下に下りた。

そしてテレビをつけて、勝手に冷蔵庫をあけてビールを出して飲んだ。

朝っぱらから、しかもよその家でなんちゅう格好でなんちゅうことをしているのだろう。。。。

500mlの缶ビールを2缶飲み干して、いい気分になっていた。


その時である。

「お~い、起きちゅうかえ」

という言葉とともに、見知らぬ男が台所に入ってきたのである。

もちろん彼氏ではない。

・・・・それは、それは久しぶりに彼の家にやって来た彼のお父さんだったのである。


とっさにわたしは「ぎゃっ」と叫んで台所から飛び出し、階段を駆け上って彼の部屋に逃げ込んだ。

ってか挨拶もなしにどんだけ失礼な行為なんだよ!

「あ、おはようございます。僕あなたの息子さんとおつき合いしてますKazuccineといいます。

昨日も泊めてもらいました。お邪魔してます」

なんて言う必要はもちろんない。

「あ、○○くんの友達です」と苦しい言い逃れをする必要もない。

せめてさあ~「あ、失礼します」ぐらい言って去れよーー!!

ただ言い訳するなら、ビール飲んで酔っ払っていたし、あまりの状況に気が動転していたのだ。


急いで彼をたたき起こし、

「どぉしよぉぉぉ~~~!!お父さん帰ってきたよぉぉぉ~~~!!」と泣きついた。

いきなり起こされて彼は何のことかわからなかったようだが、

わたしがしどろもどろに説明すると激怒した。

「お前人ん家でパンツ一丁で何しゆうがやっ!!」と言って、わたしのほっぺたをビンタした。

服を着て階下に下り、お父さんに事情を説明しに行った。

一体何と弁明したのかはわからない。

お父さんはどのように思ったのだろうか。

久しぶりに家に帰ってみたら見ず知らずの男がパンツ一丁で

朝っぱらからビールを飲んでいたのである。

さすがにお父さんも気まずかったのか、早々に帰られた。


これは確か彼とつき合って2年目の夏のことだったと思う。

この一件以来、さすがにわたしも自重するようになったし、彼の家に泊まりに

行く回数もめっきり少なくなった。

その後彼も一人暮らしを始めたりしたので、彼の家にはめっきり寄り付かなくなってしまったけど。


わたしが何とも非常識で、あつかましいガキんちょだった時代の話である。

さすがに今ではこんなことは絶対にしないけれど、我ながら恐ろしい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

どうも

すごいわね、かずちゃん。
不意打ちの事故としか言えないワヨ、こりゃ。

ところでアタクシ、「でんきがま!」ってのを始めたわ。よろしこ。

No title

ゴメン、笑っちゃったよ(^-^) あわてたKazuccineさんが目に浮かんじゃった(^-^)

久しぶりに家に帰ると見ず知らずの男がパンツ一丁でビール飲んでるって・・・、ほんとどー思ったんだろうね、お父ちゃんは・・・

このブログ読んでいて、以前おいらが彼氏の家に居候してたこと思い出しちゃった。
お父さんもお姉さんも住んでいるのに、内緒で住んでた・・・
毎日こっそり風呂も入り、メシも食ってた、エッチもしてた・・・
結局ばれてたみたいで、お正月にお年玉もらって恐縮したことがあった・・・ (どんな関係かはばれてないと思うけど・・・)

o-ryo3さんへ

とんでもない経験でした。。。。
新しいブログ始められたんですね。
よらせていただきます!

のんたさんへ

笑える話だけど、笑えんかったですよ~。
一生の不覚ですね。
しかし、実家で同棲ってのもすごいお話ですね。
こっそりやってるつもりでばれてるってのが恐怖です。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。