スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月29日

雑記
02 /29 2008
今日は2月29日。4年に一度の日だ。

つまり2月29日にブログが書けるのは、今年を逃したら4年後になってしまう。

と、いうわけで何が何でもブログ書かなきゃ!と思い書くことにした。


・・・・なーんて思ったのは、実はmixiのマイミクさんが同じようなことを日記に書いていたから。

2月29日が4年に一度ということぐらいわかっていたけれど、それがブログとはリンクしなかった。

一つのイベントごととして考えたら、4年に一度の日に何か書き残しておくのも悪くない。

2012年にまでこのブログが存続しているかどうかはわからないけれど、その時に

「4年前は―」なんて振り返るいい材料になるかもしれない。


・・・・と、いう長々とした前置きは置いておいて、過去の2月29日に

わたしがどう過ごしていたか振り返ってみようと思う。

といっても、当時はブログなんてなかったし、日記をつけていたわけでもないので

その年の2月~3月頃を振り返ってみるぐらいしか出来ないのだけど。


まずは2004年の2月29日。

大学3年生の終わりごろだった。学校は春休みに入っていたけれど、

多分教育実習の事前指導とかで学校には通っていたと思う。

教育実習を3ヵ月後にひかえて、初めて受ける教員採用試験のために

一生懸命・・・・じゃなくて、ぼちぼち・・・・と勉強し始めていた頃だ。

公務員試験の勉強、教採の勉強、就職活動・・・・。

まわりのみんなも一生懸命、自分の進路のためにがんばっていた。

それまでの学生生活はパラダイスだった。

思いっきり遊んで、みんなでワイワイやって、それが永遠に続くと思っていたのに

だんだんと終わりが見えてきて、どこか不安で淋しかった。


続いて2000年2月29日。

何と20世紀最後の年!そして何とKazuccineはまだ高校生だった!

ちょうどこないだの「禁断の写真」ぐらいの頃だ。

その後生まれて初めてパーマをかけて、それが失敗してソバージュみたいになっていた頃・・・・だと思う。

とにかく、ひどく考えなしの高校生活をおくっていたけれど

「一年後には受験だぞ!」と先生方に言われて、びくびくした時期だったような気がする。

それでも模試の志望校には「横浜国立大」とか「千葉大」とか平気で記入していた。

ようは都会に出たかっただけなんだけど・・・・身の程知らずでお馬鹿ちゃんだったな。

すごく好きな男の子が出来たのもこの頃だった。

ま、その話はまたいずれ・・・・。


1996年2月29日。

記憶を遡って書けるのはここらへんが精一杯。

中学一年生の終わりごろ。

今までブログに書いたことはないのだけれど、わたしはいじめられていた時期がある。

この頃がちょうどそれ。

いじめといっても、主に言葉によるものだったからそんな深刻ではないのかもしれない。

でも学校はひどく苦痛に満ちた空間だった。

クラスでも、部活でも、心休まる時はなかった。

それでもがむしゃらに学校に行こうとがんばっていたのは、

周囲に騒がれるのが嫌だったのと変なプライドの高さからだったんだろう。

ある意味精神的に一番強い時期だったのかも。

いじめの話も、またおいおい書いていこうかな・・・・と思う。

4月からは楽しいクラスに入れたので、わたしの暗黒時代は終わった。


4年ごとに振り返ってみたけど、状況はおもしろいぐらい変化している。

次の2月29日、わたしは何を思っているんでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お久です。

Kazuccineさん、お元気でしたか?
久しく、Get!にコメントがなかったものだから、URL入りのコメントが一人だけじゃ、
なんだか物足りないって感じだったし。安心しました。(笑)

うるう年のこの日、特に何事もなく過ぎてしまいそうなところで、
ココに、「足跡」を残していきます。
Kazuccineさんの、(Get!)コメントには、私も同感です。
リリースが同時期とか前後という状況だとすぐに、BBSの雰囲気が
殺気立つようでハラハラします。_。)

・・「禁断の写真」を拝見して思い出しましたが。
・・私は、オトコ女でしたネ。兄二人の影響で、ママゴトより、
怪獣ごっこで遊んでいました。爆^^

・・さっきは、何事もなくと云いましたが・・・
月末と言っても、4年に一度の月末、今日、ある登録手続きを
するか否かと云う選択に迫られたのですが、先送りにしてしまいました。
そんな臆病な私です。・・この先、ずっと、思い出すことでしょう。多分。^^;

Takiさんへ

今年は大物のリリースラッシュが相次いでいるので、
ファンの間でも殺気立つのはある程度仕方ないかもしれませんね。
特に女性アーティストの場合、お互い比較されあってきた人が多いわけですから。
わたしは手続きが非常に苦手ですので、何ごとも先送りにしてしまいます。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。