スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セクシャリティ自分流

雑記
02 /06 2008
レズビアンの女性たちを描いた「Lの世界」がかなり話題になっている。

レンタルビデオ屋でも特設コーナーが作ってあるし、ちょっとしたブームになりそうだ。

以前もこのドラマに関しては記事にしたんだけど、どんな形であれ

同性愛を真正面から取り扱った作品が話題になるのはうれしい。

単に奇をてらったものじゃなくて、ドラマとしてよく出来ているならなおさらだ。

その点で「ブロークバック・マウンテン」はすごくよかったしね。

(ヒース・レジャー亡くなりましたね・・・・。ご冥福お祈りします)


ただ、どうしても世間の反応には眉をひそめたくなるものもある。

「Lの世界」で検索するとどうしても「禁断の」っていう言葉がくっついてくる。

うーん、まあドロドロの恋愛モノっぽいし、この言葉に目くじら立てるべきじゃ

ないのかもしれないけどさ、「同性愛」ってなると「禁断の」が枕詞みたいに

なってるのはやっぱり複雑な思いがある。

そして、これはbiancaさんのところで見つけたんだけど、こんな感想を持つ男子もいるそうだ。

どうせなら、男も味わってから同性愛にハマってほしいネ。
一度や二度じゃなくて、ちゃんと気持ち良く感じるまで男を味わって、それでも女同士の方が良いなら、僕は何も言わない。


何ていうか、「ご親切にどうも」というべきか。

じゃああんたも男を味わってから異性愛にはまって下さいな。

わたしでよけりゃいつでもご相手しますよ~。


わたし自身、友達から

「Kazuccineも女の子と試してみたら?」とか言われたことがある。

「すっごく男っぽい女の人もいるじゃん。ああいう人となら出来そうじゃない?」

こんな提案されたこともあるんだけど、うーんご心配ご無用ですわ。苦笑

たしかにカッコいいFtMの人を見て「おぉーっ!これはイケる!!」って思ったことがあるのも事実ですが。

でもそれは、あくまで男性として好きになってるからね。

別に、わたしは女性を好きになることを否定してるわけではない。

その可能性がないとは言い切れないと思う。

中年以降に同性を好きになったっていう人だっているわけだし、その逆だってありうるだろう。

でも、あえて好きになってみるとか、ためしにセックスしてみるとか・・・・それは違う。


「同性愛に偏見はないよ。差別もしない」

そう言う人はたくさんいる。若い人には多い。

でも、どれだけ「普通のこと」として捉えているかは人によって異なる。

「偏見ないよ。悪いことじゃないと思う」そう言った人が、

「女の子も試してみなよ」とも言った。

「愛の形は人それぞれだし」と言いながらも、結局「異性愛こそ正当な愛の形」っていう

考えが頭から抜けきれてないんだろうな・・・・・って、ひしひしと感じさせられる。

でも、こういう考え方をするのはノンケに限らないとも思う。

「異性を愛せたら」ってことをゲイの口から聞いたことがある。

以前つき合っていた彼も「男と付き合うのはお前が最後になると思う」みたいな

ことを別れ際に言っていた。(その割に別れてからは彼氏欲しがってるみたい)

わたしを抱いた後で、「男の子とはつき合ったりするつもりないよ」と言ったバイの男もいた。

みんな同性とセックスすることや、恋愛をすることを「普通じゃない」って捉えているんだろうな。


でも、そういう考え方を否定するつもりはない。

無理して異性を愛そうとすることも、同性とはセックスだけで恋愛は異性とっていう割り切りも、

多分その人なりの性のあり方っていう気がするから。

前者に関しちゃしんどそうだな・・・・って思うし、後者に関してはずるい印象があるけど。

結局のところ、自分がやりたいようにやるしかないもんね。

ただ、何らかの社会的圧力でそうなっちゃってるとしたら、ちょっとエネルギーの

無駄遣いっていう気がするけどね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

大きなお世話っていうか。

「女の子も試してみなよ」
「男を味わってから」
こういう発言って、他者をものとして扱ってると思うんですよ。セックスっていうのは人間とするものでしょう。「試してみる」とか「味わってみる」みたいな、化粧品のお試しとかデパ地下の試食じゃあるまいし。だから、こういう発言を聞くと、異性愛がどうとかこうとか言う前に、こういうことを言う人って他人を人間として大事にできない人なんだろうなって思います。だって、味わわれたり試されたりした人間はたまったもんじゃないですよ。ほんと。

それに人を好きになるのはセックスがあるからじゃないしね。セックスが気持ちいいから男が好きなわけでも女が好きなわけでもないし。好きな人だから抱かれたいし抱きたいのに。

まあ、禁断のってつくのは仕方ないです・・・。それを枕詞にすると売れるから。L Wordに関しては、当然の購買層としてのレズビアンだけでは元が取れないから、ヘテロ男性をターゲットにしたマーケティングなんでしょう。異性愛のドラマでも「禁断の愛!」って比較的よく使われる売り文句ですよね。それで期待してみると、案外日常的でつまらないものが多いけど。笑。

eiさんへ

>他者をものとして扱ってると思うんですよ。
この一言にうーんとうなってしまいました。そう、本当にそうなんですよね。
きっと、こういうことを言う人はセックスなんて他人の体を使ったマスターベーションとしか考えていないのでしょう。
「Lの世界」ってやはりヘテロ男性向けでもあるんでしょうかね。まあ、マーケティング的にそうなっちゃうのは仕方ないかな。
それで、そういうエロ目的の男性をうまく引き込んで、「幻想ではないリアルなレズビアン像」をしっかり認知させてくれれば「Lの世界」してやったりという感じですが。
でもソープオペラですからねえ、、、、にっかつロマンポルノ的な偏見と幻想しか植え付けない可能性もあるわな。

No title

「女の子も試してみなよ」 ・・そうそうとうなずきながら読みました。俺に向かってそのような発言はトンとこの数年聞いたことがないけど、とっさの対応で逆提案できるようにしたいもんだなって思ったよ(笑)
禁断ってホント失礼だよね。いくら商売でといってもデリカシーや人権ってこと考えるとあり得ない!

ゲイリーマンさんへ

「禁断の」に関しちゃ、多少スルーしなきゃいけない気もします。
「失礼しちゃう」ぐらいに思っておけばいいのかな~って。
「女の子も試してみなよ」と言われたら、「で、誰と試せばいいの?」なんて聞き返してみてもいいかも。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。