スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゃべり方

雑記
11 /19 2007
schoolgirl


こないだあるバイセクシャルの男性に言われたこと。

「Kazuccineのしゃべり方って、元カノにそっくりなんだよね~」


何とも微妙だ。

元カレではなく、元カノってのがまず微妙だし、顔とかではなくしゃべり方ってのも微妙。

わたしはしゃべり方が女の子っぽいらしい。

これはいわゆるオネエ言葉っていうのとは違う。

あれはわざとらしく作った言葉であって、ある種のアピールめいた「記号」らしい。

わたしはしゃべり方を作ったことはない。普通にしゃべっているのが女っぽいのだ。


例えば、わたしは一人称に「俺」が使えない。

子どもの頃は大人になったら「俺」って使えるようになるのかな~とか思ってたけど、

いつまでたっても使えない・・・・。ってか使おうとすると恥ずかしいのだ。

正直「アタシ」の方がよっぽど自然だったりする。

こんなわたしだからか、小さい頃から「ホモ疑惑」は色んなところでささやかれた。

まあ、疑惑も何も実際ゲイなんだから、そのとおりご名答なんだけど。


でも、これはセクシャリティはあまり関係ないような気もする。

どっちかっていうと家族や親戚にも女の子が多かったし、高校も大学も女子校みたいな

状況だったから、自然と身についてきたものなのかもしれない。

女が多い環境で育ってきた男の子は、どうしてもなよっとした雰囲気になってしまうものだ。

ただ、こういった雰囲気の男の子ってゲイの中では特に多い気がする。

一人称に「俺」が使えないっていう子も少なからずいる。


しゃべり方とセクシャリティ。

関係あるという根拠はあまりないだろうけど、関係ないって言い切ることも出来ない。

結論は出しにくいんだけど、あえて出す必要もないのかなあ。

実際問題わたしという人間はここに存在しているわけで。

それを「個性」として捉えるかどうかの問題だと思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自分の喋り方を変えてみたことってある?

高校の頃に「もうちょっと強そうに」(というか周りと同じように?)
喋ってみたことがあったんだけど、やっぱり無理があって途中で破綻してしまった感じ(笑)。
で、卒業してからまたスッキリ元に戻したもんだから、
今、その頃の友達を話す機会があるとどう喋っていいものか困ってしまう。
らしくないことは最初からするな、ってことだよね。やっぱり。

ハリーさんへ

あるにはあるんですが・・・・。自分で喋ってて気持ち悪いんですよね。
結局3日ぐらいで破綻してしまいます。(それ「変えた」っていうのか?)
結局、自分らしく話すのが一番だと思うな。
それを不快に感じるかどうかは、受け取る側の問題だと思うし。

No title

男らしいしゃべり方ってのも縛られてるよね。ほっとけよと思うけど、俺もオネエではないけどヘテロから見たら物腰が柔らかいらしい。

ゲイリーマンさんへ

やっぱし物腰柔らかい人が多いのかなあ。
しゃべり方も個性だから、色んなのがあってしかるべきだと思うんだけどな。
野郎口調の女子もいれば、オネエ男子もいる・・・・みたいなね。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。