スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素顔のままで

雑記
11 /05 2007
今日はFC2ブログの調子が悪いようだ。

以前もこんなことがあって、せっかく書いた長文が消えてしまったことがある。

オイコラ!何やっとんじゃFc2!!しばくどぉぉぉぉぉ!!

と、叫びたくなるのはやまやまなんだけど、こういう時に発揮されるのが

わたし特有のポジティブシンキング。


「あの記事は・・・・投稿しなくてよかったんだろうな」


こういう風に思うようにしている。

これはポジティブシンキングっていうよりは・・・・ただの合理化。

もっといえば一種の自慰行為みたいなもんだ。

満足いかない結果を、「これでよかったんだ」と負け惜しみしているに過ぎない。


イソップ童話の「きつねとぶどう」では、おいしそうなぶどうを見つけたきつねが、

必死になってぶどうを取ろうとするんだけど、結局取れなくて最後こう捨て台詞をはく。

「あんなすっぱいぶどう・・・・!!食べなくてよかった!!」


ほんと・・・・。まんまこれですわ。

わたしの口癖なんだけど「そうでも思わないとやってられない」がある。

人に「大変そうだねえ・・・・」なんて言われると、

無理やり「うーん大変だけど、でも今の経験が・・・・・・・・・」と

いかにもプラス思考で、現状にへこたれてませんよ~というアピールをしてしまう。

そんなわたしに「前向きだねえ・・・・」と、みんな褒めてるんだか呆れてるんだか。

最後にボソッとつぶやいちゃう。

「そうでも思わんと・・・・やっとられんがな」

相手には聞こえていないことを願いたい。


以前も書いたけど、妙に後ろ向き思考の友人がいる。

わたしはその人に対してかなりイライラすることが多い。

いつも同じことで悩んでいるし、悩まなくてもいいことで悩んでるし、

もっというと・・・・楽しそうに人に悩みを打ち明けている。

何かアドバイスをしても、すぐに「でもな~、けどな~」。


聞いてる方がどんな気持ちか、お前さんにゃわからんのか?


「わたしだったら、納得出来んでも『そっかあ、なるほどね』ぐらい言う。

 それが礼儀・・・・っていうか気を使ってるからそうなっちゃう」


ある友人にそう打ち明けた。

「あの子はおかしいよ。そもそも、わたしだったら意地でも建設的な意見を述べるのにな。

 挙句の果てにあたし能天気だってさ。心配かけちゃ悪いって気持ちわかんないのかね。」


そう言うわたしに、友人は言った。

「心配かけちゃ悪い・・・・じゃなくて、心配かけちゃかっこ悪いんじゃない?

 単にあんたのプライドの高さゆえよ」。


はい、そのとおりご名答。

結局ただ単にプライドが高いだけだ。

そのプライドを保つために、変に前向きなふりしたり、がんばってるふりしてるだけです。

でも、いつもマイナス思考をする人も、結局はその人なりのプライドなんだと思う。

「わたしはいつも苦しんでて、人一倍悩み多き人生をおくっているの」

っていう、悲劇のヒロイン的なカッコよさに満足しているだけ。

でも土壇場になって力を発揮できるのはこういうタイプの人かも。


そうじゃなくてさ。そうじゃなくて、本当に心から素直になりたいんだよ。

自虐的になるでもなく、空元気で作り笑顔をするでもなく、

心から弱音を吐いたり、元気で前向きになれるような・・・・。


・・・・そんな風になれたら、誰か一人の前でもいいから・・・・。

ありのままの自分でいられる場所、いさせてくれる人。

今は本気で欲しい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

アタシの場合。

goo!でもおんなじコトがよくあるワァ~。

 って言っても、アタクシの使い方が悪かっただけなんだけど……。
 でもヘコむわよねぇ~。
 アタシの場合、消えたらあきらめて、また同じ記事をイチから書き始めるワァ~。
 「書き直した方がいい記事が書けるということだろう」って思うようにしてるのよ。
 実際そうだワよぉ~。3回も繰り返したことがあるわヨぉ~。バカなアタシ。

 ま、カッカせずに深呼吸して、同じ記事を書き直すと、絶対にイイ記事になるはずよぉ~。

o-ryo3さんへ

わたしの場合、書き直す記事と、やはり闇に葬ってよかったと思う記事があります。
特にきわどい内容の記事は・・・・。苦笑
そういう時は「この記事は投稿するなって神の思し召しだ!!」って思うんですよ。
ごく普通の記事は、「もう時間ないのに!」って言いながらちゃちゃっと書き直すけど。
でも書き直した方が確実に記事の内容も、文章もいいものに仕上がっていますよね。
それなら、投稿する前にもう少し推敲しろよって話だけど。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。