スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多チャンネル時代

雑記
10 /10 2007
インターネット放送の「GyaO」で、「裸男(ラマン)」という番組がやっている。

女性カメラマンが素人の男の子のヌードを撮影するっていう番組で、

毎日一人ずつ男の子が脱いで、視聴者が投票して一週間のナンバーワンを決める。

ナンバーワンになった男の子が女性誌のグラビアを飾る・・・・という企画らしい。

まさにメディアミックスというかコラボレーションというか。

見てみて思ったのは、やはり女性向けのヌードだから、あまりいやらしい

感じはしないってこと。おしゃれな感じはするんだけど、ドキドキはなし。

中には「これはゲイのみならず、女からしてもイマイチじゃないの?」っていうのも無きにしも非ず。


肝心の番組内容はともかく、一番思ったのは「“テレビ”の種類も増えたな・・・・」ってことだ。

GyaOは「パソコンテレビ」なんて自称している。

わたしが子どもの頃は、テレビっていうとNHKと民放しかなかった。

一応小学生の時にBSとかWowWowも放送開始してたけど、

貧乏だった我が家がそんなものを契約するわけがなく・・・・。

のちにケーブルテレビがやってきたおかげで、やっとBSを見ることが出来た。

有料のWowWowは以前、マドンナのライブ中継が放送された月だけ契約したように思う。


まあ、とにかく地上波のみならず、今はCS放送もあれば、BSデジタルもあり、

ブロードバンド放送もあり、とにかくチャンネルの数は増えた。

携帯の動画配信サービスなんかもあるし、ほんと色々だよね。


それにしても思うのは、こんだけチャンネルの数が増えたのに

同性愛者専門チャンネルなんてものが一つもないのが不思議ってこと。

あんだけアダルトチャンネルがCS放送にあるんだから、一つぐらい

あってもおかしくないと思うんだけどな。

細々だけど、需要は必ずあるんじゃないかなあ・・・・。


まあ、そういうアダルトじゃなくても、例えばレズビアンやトランスセクシュアルの人も

含めた総合情報チャンネルがあってもいいんじゃないかな。

まあ、立ち上がらないっていうことは、そこまで需要はないのかもしれない。

っていうより、LGBT自身が、既存のLGBT向けのメディアに満足してるのかもしれないし。

雑誌ですら今はままならない状況。


「YES」が創刊された頃は、もうちょっとゲイやレズビアン向けの

メディアも拡大していくと思うんだけどなあ・・・・って思ってたけど

やはり現実はそうもいかないところも多いんだろう。

まあ、うだうだ言っているだけで、何もしない自分はどうなんだろう・・・・とも思うけどね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

テレビを見なくなったのは・・・

裸男・・・ぜんぜんイケてないですよね。ゲイ的には・・・といいつつチェック。(笑)女はあれでイケるのか?と私も疑問に思ってました。
GyaOは、いろんな使い方があっておもしろいですね。昔のアニメみたり・・・、カラオケの練習したり・・・
そういえば、最近、テレビを見なくなったなぁ・・・GyaOとか、ニコニコとかで、なんとかなるからかも。

macunへ

悪くないかな~っていう程度の男の子はたまにいるんですけど・・・・。
って、何かえらそう。。。
新しいメディアが色々出来たぶん、テレビを見る機会は減りますよね。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。