スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年生

雑記
06 /10 2007
最近更新頻度が以前に比べて愕然と減ってしまいました

やはりフルタイムの仕事って疲れちゃうんですよね

もう少し慣れて、余裕が出てきたら以前のようなペースで

更新したいと思っています。


ところで、このブログも3年目に入るわけですが、

学生風にいったら、このブログも「3年生」なわけです。

わたしが社会人になったばかりの頃に始まったので、

これはつまりわたしが「社会人3年生」ということでもあります。


中学も高校も3年間が一区切りだからか、何となく「3年生」は

一つの節目っていう感じがするんですよね。

そうはいっても、転職を繰り返しているわたしには「社会人3年生」に

相応しいキャリアなんてものはこれっぽっちもないわけです。

今はまさに「ショップ店員1年生」なんだし。


と、まあ非常に先行き不安な「3年生」なわたしですが、

大きな可能性を秘めた3年生たちもいます。

2年前に勤めていた高校で副担任をしていた1年生は、今や高校3年生。

高校を退職してからは遊びに行ったりしていないので、

わたしの中の彼ら、彼女らのイメージは1年生の時のイメージで止まっています。

10代のうちの2年は非常に大きいので、もう見分けがつかないぐらい

変わってしまった子もいるんだろうなあ。


生徒たちとは残念ながら交流がないんだけど、当時一緒に勤務していた

先生方とは時々お会いしたり、メールをしたりすることもあります。

「××科の○○は元気にしていますか?」っていう話をしたりもします。

相変わらずやんちゃをする生徒もいるみたいだけど、全体的には

落ち着いてきているようだ、とのこと。

ただ、指導が困難な生徒たちがたくさん辞めたりしたことも背景にあったりして、

それを聞くと少し苦々しい気持ちにもなります。


まあ、哀しいニュースもあるけど、暴れていた子が更正したなんて

話ももちろんあるので、それは素直にうれしい。

本当に手がかかる子だったけど、来年からは胸をはって社会に出て欲しい。


しかし、生徒たちは来年の3月で高校は卒業するわけだけど、

わたしの方は社会人を卒業することはないわけで、そこは学生とは違う。

社会人には転職や一時休止はあるんだけど、卒業というものはない。

つまりは、ゴールなんてものはないっていうことです。

ゴールのないマラソンはとてつもない倦怠感もあるけど、

どこまでも突っ走っていける・・・・っていう点では学生時代とは

比べ物にならないぐらいの可能性もある、といえる気もします。

どう思うかは本当に人それぞれでしょうね。


社会人3年生、まだまだこれからだぞ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
ゲイ先生は教師をあきらめたわけではありませんよね。
きっと、自分に合った仕事を見付けたのでしょうね。
長く続くように頑張って下さいね。
フランスは高校の学期はもう終わって、夏休みに入っているところが多いです。
9月からは新学期が始まります。

高校生に言うのは変かもしれませんが、子どもの成長は本当に早いですよね。
僕も、お盆とか正月くらいにしか会わない、親戚の子ども達がいるので、
会う度にそう思います。

自分が学生だった頃は、そんな実感は無かったですけどね。

Miyokoさんへ

自分に合った仕事なのかは、まだ結論が出せません。
でも、すごくたくさんのことを学べる仕事です。
はやく一人前になるよう、がんばりたいと思います。

spykくんへ

10代の子たちは本当に成長が早い。
それと比較するのはナンセンスかもしれませんが、
自分は一体どれだけ成長したんだろうか・・・・なんてね。
大人になってからの「成長」って、子どもの頃のそれとは
また少し違ったものかもしれないですし。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。