だめですよ

雑記
05 /12 2007
時々「学生時代にもどりたい病」にかかるときがあります。

もう社会人も3年目だというのに。

今の生活に満足出来ていない、というのはあると思う。

学生時代は自由だったし、責任もなかったし、

とにかくただ楽しかったなあ‥‥

なんてことを思う自分に少しゲンナリする。

これ、大人になることから逃げてるだけだよ!と。


「ピーターパン症候群」なんて言葉もあります。

要は大人になりたくない人たちのことを指しているんだけど、

案外わたしもこれなのかもしれません。

そしてこんな自分に焦りや不安を感じてしまうわけで、

またひとつため息の理由が増えてしまうのだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

やはり学生時代は一番なんですね
自分も来年からは社会人
そう考えると早くも憂鬱です( ̄~ ̄)ξ
大人の階段に恐れをなしてるかんじです

いや、普通でしょ

私なんかもうすぐ40になろうとしてるけど、
学生時代はよかったって思うわよ。
そんなもんよ。
自分を受け入れること、大切です。

Gくんへ

「一番」っていうと、それは人それぞれじゃないかと思う。
社会に出てからが楽しくて仕方ない人もいるはず。
ただ、やはりわたしにとってはすごく楽しい時間だったっていうのは事実ですね。
「あの頃はよかったなあ」って言いながら、日々を生きていくというのも
面白くないので、やはり今の生活を楽しもうっていう気持ちが大事なんじゃないかな。
と、いうわけで「今を大切に!」が合言葉な今日この頃であります。笑

ガミガミさんへ

「学生時代はよかった」
やはりみんな思うことなんでしょうかね。
ただ、「学生時代に戻りたい」っていう気持ちが強すぎるのが
わたしの今の問題点なんですよ。
「思わないようにしよう」っていうのは感情に蓋をすることだと思うので、
「なぜそう思うのか」ということを考えることが大事かな・・・・なんてことを思いました。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。