素肌に風を感じて

雑記
04 /11 2007
たんぽぽ


車中心の生活になると、気付けないものも多い。

道端に咲くたんぽぽ。

こんな風にたんぽぽ見るなんて何年ぶりなんだろう?

子どもの時は、本当に何でもないものだったのに

ここのところすごく素敵に思えてしょうがない。

踏まれても踏まれても、花を咲かそうとするたくましさのせいか、

可愛らしい黄色の花も「わたしを見て!」っていう強烈な

アピールがある気がして何だかよりいっそう愛おしい。

こんなの、子供の時は絶対感じなかったのにね。


さくら並木


さくらの花の艶やかさに感動したのもここ数年。

他の花、例えばよく似た紅梅や桃の花と比較すると

華やかさとか鮮やかさが足りない。

淡くて、そしてどこかくすんだ色合いをしている。

でもそのぶん優雅なようにも思えるし、

それでいて強烈な官能を感じさせるような気もする。

匂いたつような色気を発している、高貴な女性の姿が思い浮かぶ。


大人になればなるほど、おもしろいものって増えていくのかもね

たまには車を降りて歩いみましょう。

あるいは自転車なんかもいい。

おもしろい発見がたくさんあると思うから。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

パリも、サクラの満開のピークが過ぎたようです。
4月になってから夏のように暑いのです。
そのためにサクラが一気に開きました。
道には花ビラがたくさん落ちてピンク色になっています。

Miyokoさんへ

おやおや、ずいぶん暑くなったようですね。
パリの街並みに桜の花びら、それもまた素敵な感じです。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。