スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋する風林火山

雑記
04 /09 2007
バットマン


必ずしもゲイを扱った作品ではないにしても、

何となくゲイの琴線にふれるようなドラマや映画というのはあります。

純粋に男同士の友情とかを描いているんだろうけど、

どことなくそれ以上の、愛情に近いようなものを感じてしまうようなもの。


今だったら、「風林火山」勘助平蔵がまさしくそれなんですよ。

大河ドラマ見ていない人も多いと思うので、簡単に解説しておくと、

勘助というのは内野聖陽さん演じる主人公で、武田信玄の軍帥となる人です。

以前に武田信玄の父である武田信虎に奥さんを殺されてしまいます。

佐藤隆太さんが演じる平蔵っていうのは、その勘助の奥さんに以前惚れていた男で、

勘助とともに信虎に復讐を誓うべく、ともに行動していたんだけど・・・・。

まあ、色々あって二人は離れ離れになるわけです。


そして数年後勘助は信虎の息子の晴信(後の信玄)につかえ、

平蔵は隣国の諏訪頼重配下の武将につかえていたのですが、

偶然二人が再会!というのが昨日のストーリー。


まあ、ここらへんまではごく普通の男二人の物語なわけですが、

勘助に再会した時の平蔵の喜びようがすごい。

「勘助~~っ!!」と叫びながらて走りより、ぱっと勘助の抱きつく。

勘助もまんざらでもなさそうに、平蔵を“抱っこ”の状態で抱きかかる。

「元気にしておったか」と勘助も再会を喜んでいました。


40男が、子どもならまだしも20代の男を抱きかかえて喜んでいる様子に、

ついついエロティックなものを感じてしまった・・・・、というのは

わたしの感想なんですけどね。

恐らく、演じている内野さんや佐藤さんの雰囲気によるところも大きいんでしょうけど。


来週以降はまたどうなるのかわかりませんが、まあ男同士の関係に

注目して見ると、ちょっと違った面白さがあるのが今回の大河です。

ちなみに若い役者さんがみんな可愛いのもツボですね。笑






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

…あらら
来週から大河ドラマ見なきゃ( ̄□ ̄;)!!

>必ずしもゲイを扱った作品ではないにしても、
何となくゲイの琴線にふれるようなドラマ

あるよね!というか「ゲイリーディング」してしまうもの。私は狼と羊の友情アニメ映画「嵐の夜に」あれはゲイものにしか解釈できませんでした。

ありますねー。

あります。わたしはNANAを見ていて、あれはナナとハチの恋物語にしか見えないです。笑。

指輪物語も映画はどこからどう見てもゲイの愛情にしか見えなかったです。サムのフロドに対する献身なんて、ありゃ、愛情以外のなにものでもないですよね。従者Mですよ(とかいって、指輪物語のファンを敵に回してみたりして。笑)。しかも、ガンドルフをしたイアン・マッカランは彼自身が非常に有名なゲイですし(政治的に活動をしていて)。

Gくんへ

見て見て!笑
今年の大河はおもしろいよ~。

biancaさんへ

「嵐のよるに」は色んなとこでききますね。
しかも声の出演が成宮くんでしょ?
もうゲイ受けを狙ったこと間違いなしに思えるんだけど。笑
「ゲイリーディング」楽しいんだけど、たまにただの深読みに
陥ることがあるので要注意です。

江ゐさんへ

「NANA」めっちゃ流行ったけど、食わず嫌いして
見ていないんですよね~。
「指輪物語」は何となくわかるかも。
ガンダルフ役のイアン・マッカランについては最近知ったので驚きでした。

武田信玄といえば有名な大先輩ですよね。男性へのラブレターまで後世に残っているし。大河では奥方の皆さんがあっちいったこっちいったと騒いでいますが、実際は・・ね。そういうところも少しは描いても良さそうなのに不思議。大河では脚本かいてる人がどうしても書かなくちゃいられなくなるのでたまに意味深なシーンが出てきたりするけど無理してますよねえ。しっかし今回の信玄は、謙信の描き方にせよ物足りません!

ゲイリーマンさんへ

>大河では奥方の皆さんがあっちいったこっちいったと騒いでいますが、実際は・・ね。そういうところも少しは描いても良さそうなのに不思議。
でもこれ描いちゃったら、合戦シーンよりも奥のゴタゴタで物語が消費されちゃう気もしますけどね。苦笑
メインは山本勘助と諏訪御寮人と考えると、信玄の身の回りはけっこう省いているのかもしれませんね。
ほのかに漂うゲイテイストが、ちょっとわくわくさせるっていうのもあるんですよね。
気のせいかわからないんだけど、正室三条夫人の池脇千鶴ちゃんや、油川夫人の女優さん(名前わからない・・・・)がすごくフェミニンな女性なのに対し、
諏訪御寮人役の柴本幸ちゃんはちょっとボーイッシュで男性的な雰囲気が漂っているように思います。
フィギアスケートの荒川静香みたいな、ちょっとビアンさん受けする雰囲気も感じさせますね。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。