スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんポスト

雑記
02 /24 2007
熊本市の病院が、親が育てられない新生児を引き受けることが出来る

「赤ちゃんポスト」を設置したいと申し出た問題で、

アベシンゾー首相が、「大変抵抗を感じる」と苦言を呈した。

柳沢厚労相などもどちらかというと否定的な見解を述べているらしい。


何ともいえない気持ちになった。

赤ちゃんポストの是非はともかく、

「親として責任を持って産むことが大切だ」という首相の発言。

こんなん当たり前のことじゃないか。誰だって言えるよ。

こんなポストが必要になった背景があるっていう事実はどうなんだ?

最初っからマイナスの時点からの論議で、いきなり正論言われても

聞いてる方は虚しい気分になるだけだ。


望まない妊娠、望まない出産。これは現実にあることじゃないか。

もちろん中絶っていう手段もあるんだけど、やはり生命を絶つっていう

ことに抵抗を感じる人だって少なくないと思う。

そして「育てられない」人だって実際にいるんだよ。

実際今自分が貧乏しているぶん、経済的な困窮っていうのが

けっこう身近な問題に思えて仕方がないのだ。

そういう状況下で、妊娠という事態が起こること。これは恐怖だ。

ここで避妊しろだの何だのと正論言われたところで、

当事者にとっちゃ実際目の前で起きている問題に何の対処も出来ない。

「赤ちゃんポスト」が何らかの解決策になるなら、

それは悲しいけど必要悪な部分もあると思う。


それにしても、アベシンゾー首相と同じく「赤ちゃんポスト」に

怒っている人は多いようだ。まあ、ブログやMixiの日記ぐらいしか見ていないので

何とも言えないんだけど、何かみなさん道徳的なことばかり言っている。


なおかつビックリするのが、

「これで少子化は少しましになるかもしれないけど…」

なんてことを平気で言っている人もいるっていうことだ。

これには本当にびっくりした。本当にそう思っているのか。

このポストが出来たところで、少子化に何の影響もないだろうし、

中絶率もたいして変化しないと思う。

ただ、少しだけかもしれないが死ななくてもよい命はたすかる。

そして、悲惨な人生を歩む親子の数も減ると思う。


ちなみに「赤ちゃんポスト」に預けられた赤ちゃんのその後は

多分里子に出されると思うんだけど(ヨーロッパの似たような制度を見る限り)、

子どもを持ちたいっていうゲイカップルには、もしかしたら光明になるのかな。

わたしはまだ子どもを欲しいとかは全然思わないので、何ともいえない。

お父さん同士、お母さん同士っていう環境で、子どもがどう育つかもわからない。

とにかく、このポストの存在に希望を感じたカップルもいるんじゃないかな~と、

わたしが思うのはこの程度のことだ。

ちなみに、わたしはポストに必ずしも否定的ではないが、

大賛成っていうわけじゃない。

ただ、あまりの首相の「わかっていなさ」が腹立たしいだけだ。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

赤ちゃんポスト

僕も何とも言えないです。ただ、出された案は否定するけど、問題そのものについては考えない、っていうのは最悪のパターンかもしれませんね。それじゃ一向に解決しないわけですから。

って偉そうに言ってみましたが、僕も現状がどんなものかよくわかってないし、人のこと言えないですねぇ(^ ^;)。もっと勉強せなあかんですわ。

はじめまして。

あっちこっちとうろうろしていてこちらにたどりつきました。

この記事を拝見して、何年か前にもドイツで同じような赤ちゃんポストが設置されたときのこととかを思い出しました。

そして、Kazuccineさんのおっしゃってることにとても共感を覚えました。行政がきちんと支援をしていないことなどを無視してその是非だけを考えるのは意味がないように思います。なんだかうまくいえないのですが、とりあえず、足跡だけ残させていただきます。

spykくんへ

>出された案は否定するけど、問題そのものについては考えない、っていうのは最悪のパターンかもしれませんね。

そう、これなんですよね。
問題は実際に起こっているのに、必要なのは苦言ではなく解決策なんだけどなあ。
わざわざ首相が言わなくたって、もともとあまり気持ちのいいものじゃないのは明白でしょう。
それとも結局「自己責任」とかで庶民に丸投げするのか・・・。
そんなことで首相が務まるのやら。所詮一般人のわたしもいいたい放題です。笑

江ゐさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
わたしも以前テレビでドイツの赤ちゃんポストのやつをみたことあります。
当たり前ですが、見ていて気持ちいいものじゃありません。
でも、それがなければ死んでしまうかもしれない命がある。
せめて、「他の方法を模索するべきじゃないか」ぐらい言って欲しい。
何も考えてないってことがよくわかっちゃうんですよね。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。