雪山

雑記
12 /22 2006
d-sen


小さい頃から見慣れてきた景色だけど、

あらためて見るときれいだなって思う。


黒く迫ってくるようだ、とか圧迫感があるっていう

人もいるんだけど、わたしはむしろ包み込んでくれるような

暖かさを感じてきた。

それも大袈裟かな。

見るとほっとするっていう程度かもしれない。


はじめてそう感じたのは、中学校3年生の冬だった。

高校受験を目前に控えていたんだけど、実は通知表の成績が

悪くて、内申書の評価がかなり危機的だったのだ。

それは担任の先生から聞かされていたし、もしかしたら県立高校は

難しいかもしれない、という話をされて少しやけっぱちな部分もあった。


学校が終わって家に帰っても、不安やいらだちが募って勉強に取り掛かれなかった。

高校を落ちた時のことを考えると、もう死んじゃった方がいいなんてことも考えた。


いつもは自転車で通学していたけど、その日は雪が降ったので歩いて学校から帰った。

いつもは数分で通り抜ける道だったんだけど、歩くとたっぷり30分はかかる。

疲れたなあ、と立ち止まって、ふいに山の方を見上げた。

びっくりするぐらい青い空、群青色の山、白い頂。

それが見事なコントラストで、まだ中学生のわたしにもすごくきれいにうつった。

そして、何だか自分の悩みがどこかへ飛んでいってしまったようだった。

山が「大丈夫だよ」って言ってくれたような気がした。


それから受験勉強を再開し、どうにか高校にも合格。

大学受験の時も同じ不安に襲われたけど、その時も山を見るようにした。

同じように安心できた。


ところで、今年はまだ一度も雪が積もっていない。

昨年の豪雪に比べると断然楽なんだけど、やはりどこか淋しいって思う。

雪道の運転は苦手なのに、雪が好きっていうのも

やはりあの日の記憶があるからなのかな・・・なんて。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

心洗われる景色ですね
Kazuccineさんを育ててくれた山
雄大な姿に励まされてきたんですね
ええ話や~

今年はどこも暖冬なんですかね
雪が降りそうな気配なんて微塵もありません

とんすけさんへ

そうですね、まさにこの景色に育てられたって感じです。
みんな何かしら、故郷の景色って思い入れがあるんじゃないかな。
そう、すごい暖冬で昨年がウソみたいです。
スキー場は大変でしょうね。

自宅から雪山が見えるのですか。いいですね。
今年はまだ雪が降らないとのことですが、パリもまだ雪が降りません。
これも地球温暖化のためでしょうね。
この雄大な、勇気を与えてくれる山を見て来年は頑張れそうですか。頑張りましょうね。

Miyokoさんへ

パリは緯度が高いのに雪が降らないんですね・・・。
雪のパリはきっとすごくきれいだと思うので、何だか残念です。
そうですね。来年もこの山に励まされそうです。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。