想像力を欠いている

雑記
11 /13 2006
人はそれぞれ、背負ってる背景も、育ってきた環境も違うものだから

お互いを完全に理解するなんて無理だと思う。

けど大事なのは理解しよう、理解したいっていう気持ちで

だからこそ必死で相手の言葉に耳をかたむけたり、

どんな表情をしているのかを見ようとしたりする。


そして、それには「想像力」というものが絶対必要だと思う。

相手の気持ちを考えて行動するということは、

一生懸命想像力を働かせることだ。


元彼にはそこらへんが大きく欠落していた。


わたしが小さい頃からアトピーを患っていたことは、

前の記事でも述べたとおりだけど、そんなわたしに某掲示板の

「アトピーは死ね」「アトピーは全員抹殺しましょう」

という書き込みを見せて笑っていた。


皮膚病患者を指す単語を使って、わたしをからかった。

それはひどい、と言うと

「冗談も言えんがかえ」と言った。

その一言でわたしは土佐弁が嫌いになった。(今は好きですよ)


でも、別に彼は悪い人間ではないと思う。

彼は健康体だから、病気をもってる人間の気持ちなんてわからなかったんだろう。

私を傷つけようとして言ったわけじゃない。

ただ、わたしが傷つくなんてことがわからなかっただけだ。

想像力がないだけだ。


それは長い付き合いの中で学んだ。

腹がたつことは何度もあったけれど、その度に怒っても

彼は不思議そうな顔をするだけだったから。

もう何を言っても無駄だと思った。けんかの原因にしかならない。


それは彼のせいではない。

彼の成育歴や環境はけっこう特殊なものだったし、

そうなってしまうのも仕方ない。そう思うようになった。


そして真面目な相談はしなくなった。

従兄弟が死んだ時も何も言わなかった。

この人に言っても無駄だと思った。


嫌いになったわけじゃない。

しょうがないことだと思ったから。


でも、「知らない」「わからない」ということも一種の罪だと思う。

それはエクスキューズにはならない。

人を傷つけてしまった以上、「しょうがない」ではすまされない。


彼はまったく気付くことが出来なかったけど、

わたしは出来るだけ気付くようにしたい。

自分の常識や良識に、ちゃんと疑問符をつけ、相手の話に耳をかたむけたい。

それを気付かせてくれたのは彼だから、感謝するべきだと思う。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

言葉って、知らないうちに人を傷つけている事ってありませんか。私はそのような気で言ったわけではなくても、既に相手が傷ついている。だからと言って、他の人が私を傷つけることもよくあります。傷つけられたからって、人にべらべら話して、相手を悪き言うのは私は嫌いです。いつかは、私が正しいと言うことを人が知ってくれるとそう思って。
もちろん人を中傷するのも嫌です。誰かが、私の掲示板に中傷を入れても相手の方のところに文句を書きに行こうという気は全くありません。

Miyokoさんへ

人は完璧ではないのだし、人を傷つけてしまうこともあると思います。
だからこそ、出来るだけ傷つけないようにしよう。
傷つけてしまったら、なぜ傷つけたかを理解しようとする気持ちが大切なんでしょう。
わたしは決して彼が嫌いでもないし、悪くいうつもりはないんです。
これは彼から学んだ、「わたしの記録」です。

コメント遅くなりましたが、すごく考えさせられました。
感覚の違い、で済まされないことも多くあると思う。私はKazuccineさんの冷静な捉え方に好感を持ちましたよ。私なら「なんてヒドイことを言う(する)人なんだ」ってキレてすぐ別れてしまう。人が苦しんでいることを笑うなんて。悪気がないってのはどう対処すればいいんでしょうね。
ただ私も以前人に「ヘンタイ」と言って傷つけたことがありました。これは私自身いつも気軽に使ってたし自分自身に対しても使ってたからまったく差別的な意味はなかったんだけど、相手は傷ついた。「エッチ!」程度の意味で私は使ったつもりだったけど。その傷ついた感覚はわからないけれど、もしかしたら私のほうの感覚がおかしいのかもしれない。「自分の常識や良識に、ちゃんと疑問符をつけ、相手の話に耳をかたむけたい」この言葉は私も深く心に刻みたいです。

biancaさんへ

うーん、でも今だったらすぐわかれちゃってるかもしれないです。
当時は好きって気持ちが強かったから、かもしれない。
付き合ってるうちに、この人はこういう人なんだなあと
思うようになって、それは彼を理解したのではなく、
ただ諦めの気持ちだったような気もします。
でも言葉だけでその人の根本的なところまでは
理解できないし、もし別れたらその後知った彼のいい面も
知ることは出来なかっただろうから、切らなくてよかったとは思います。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。