スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年前、10年後

トラックバック
10 /24 2006
FC2トラックバックテーマに、興味深いお題があったので。

「自分の10年前・10年後」

ちょうどこの間誕生日を迎えたばかりですし、

結構タイムリーかなって思いました。

pastandfuture


10年、というとすごく長い期間のような気がしますが、

意外にあっという間のような気もしますよね。

10年前の1996年、不思議と最近のような気がしませんか?

音楽では小室ファミリーの全盛期で、女子高生がコギャルなんていわれてた時代。

翌年には山一証券の破綻やら、金融不安が広がったけれど

その年はまだまだのんびりとした雰囲気が漂っていたように思います。


わたしは当時14歳でした。中学2年。

部活は剣道部に所属していました。

これ、結構意外に思う人も多いんですよね。

実際あまり得意ではなかったし、練習にも熱心でもありませんでした。

音楽は、ポップスよりもクラシックの方が好きでした。

これも意外に思う人が多いんです。でも今でもたまに聴くんですよ。

バイオリンを習いにも行っていました。


ちなみに、当時マドンナのことはよく知らなかったんです。

名前だけは知っていました。

その数年前に、「SEX」という写真集を出したり、「BODY」という映画にも

出ていたことは偶然ニュースなどで知っていたので、

アメリカのポルノ女優かなにかという認識でした。

今では一種の生き甲斐にもなっているマドンナですが、

10年前はこんな有様ですよ。

夢中になれるものなんて、どこに転がっているかわからないものです。


英語の弁論大会に出たりもしました。

まさか10年後に英語教師を目指すことになるなんて思わなかったけど、

案外こういうのが布石になっているんだなあ・・・。


学校と塾と家を往復する、のんびりした中学生でした。

そういえばその時の担任の先生と、今同じ年なんです。

カッコいい先生だったので、密かに好きだったんですよ。笑

自分の性指向については、まだあまりよくわかっていなかったような気がします。
(ここらへんはまた、別の機会に書いてみます。)

それにしても10年後、まさか同じ部屋で寝起きしているとは!

「都会に住むカッコいいサラリーマン」を夢見ていて、

絶対おしゃれなマンションに一人暮らししてるつもりだったのに。

しかも、家だって増改築して両親の部屋や祖母の部屋は

大きく変わっているんですが、わたしの部屋だけほとんど同じです。


さてさて、こんな調子だから10年後はどうなってるか予想がつきません。

夢や目標はたくさんあるけど、全てが実現することなどないでしょう。

一つも実現しないこともありうると思います。


それでもいい。


そう思うんです。

夢を語ること忘れちゃったら、すごく淋しいでしょ?

10年後には無理でも、20年後、30年後には可能かもしれない。

だから夢は大事だと思う。


語ります。34歳のわたしについて。


まず、やはり高校教諭としてキャリアを積み重ねていること。

出来れば、母校で教えたていたいですね。

そして英語教育や、LGBT*1関連の人権教育や性教育のエキスパートになっていたい。

そのためには多くのことを学ばなくてはいけません。

出来ればカムアウトしていたい。


あと、やはりこれですね。

素敵な彼がいること!笑

これ大事だと思います。

ちょっと年上ぐらいが理想ですね。

でも年下くんもいいかもしれない。


もっと体を鍛えて、カッコよくなっていたい。

おしゃれのセンスももっと磨きたい。

楽しい話の出来る人。人の話をじっくり聞ける人。

寛容だけれど厳しい人。冷静だけどあたたかい人。

これが理想の姿。


でも何より、笑顔でいれればそれでいいのかもしれない。


*1 LGBT…Lesbian, Gay, Bisexual, Transsexualの略















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

まさにタイムリー!

「自分の10年前・10年後」 かぁ・・・。
今の私の最大の悩み事と、バッチリとリンクしておりますi-229
実は自分のブログにもまだ書いてないし、誰にも話していない事なんだけどねi-201
何だか歳とともに、本当の悩み事って人には話しづらくなって来たなぁ・・・何でだろうi-198(笑)

私にとってこの10年は「失われた10年」ってカンジです。
この10年で、私は何も変わっていないし成長していないのよねi-202
「都会に住んでバリバリのキャリアウーマン」っていう理想像を
描いていたのに、現実は実家暮らしで仕事もなかなか見つからない・・・
うーん。現実はキビシイですi-229

コメントで長々と書いても仕方ないので
あとは自分のブログに書きます。
いいキッカケを与えてくれて、ありがとうねi-190i-179

10年後ですか…
大学ではすでに「おじいちゃん」のあだ名付きなもんで
すでに結構年寄りくさい言動してるかもっすv-356
将来…結構心配になりますよね
理想と現実の狭間でしばらくは悩まされそうです

10年って、凄く早いです。
海外生活をしていて言葉が出来ない割りには、
月日はドンドンと過ぎていきます。
海外で生活をすれば言葉はぺらぺらと一般の人は
思いますが、そうではありません。
必ず学校に行って勉強しないと住んでいるだけでは
話したり、読んだりは全く出来ないのです。
10年後にはゲイ先生も素晴らしいマンションで生活できますよ。
希望は大きく持ってくださいね。

kameさんへ

理想と現実の間のギャップ、みんなあると思うんですよ。
わたしも時々、同じとこで足踏みしている感覚に陥ります。
でも、思い切って専門学校に通うことにしたkameさんから
わたしすっごく触発されたんですよ。
前を向いて、必死に歩いていけば、きっと道は開けると思うんです。
kameさんの日記まってますよ。(よかったらTBしてください。笑)

Gくんへ

うーん、年のわりに落ち着いている方かもしれないね。
若者にとっては厳しい時代だけど、希望を捨てないで
前に進むことで道は拓けて来るんだと思う。
これがきれいごとや気休めにならない時代になって欲しいなあ。

Miyokoさんへ

言葉の問題ってやはり大きいんですね。
Miyokoさんが何年フランスにおられるかは存じ上げないのですが、
とても長い間フランスにいらっしゃるMiyokoさんの言葉は重いですよ。
今のわたしの10年後の理想は、マンションではなくて実家暮らしなんです。
両親の面倒を見ながら、近くの高校で勤務できることを望んでいます。


10年後のことねぇ・・・(^^ゞ

元気で生きてれば良いかな
バイクにも乗っていたい

kazuccineさんのおっしゃるとおり
何より「笑顔」ですね (^_-)-☆

カズさんへ

どんな状況であっても、笑顔は忘れないでいたいです。
笑う門には福きたるって、あながち嘘じゃないと思いますし。

トラックバック

10年前、10年後。

ちょっと前だけど、KazuccineさんのブログでFC2のトラックバックテーマ『自分の10年前・10年後』というのを読みました。・・・何だか色々と考えさせられちゃいました。だって、私が最近思い悩んでいることとテーマ

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。