いじめ問題に思うこと

シリアス
10 /17 2006
正直この問題に関して、自分の考えを述べるのをためらう部分がありました。


まず、いわば同業者の起こした事件であり、

教員に対する批判が強まっている中でこの記事を書くことは、

わたしにも批判が向けられる可能性があります。



えらそうなことを言えない、という思いもあります。


また、わたしも学生時代いじめの当事者になったこともあり、

こういったニュースのことを考えるのも嫌だという気持ちもあるんです。


でも目を背けるという行為は、問題から逃げるということ。

「大変なことから逃げるな」と生徒にいつも言っている姿勢に

反することになりますよね。

それこそ、今回の事件の当事者となった教員を批判する資格がない。

なので、書いてみようと思いました。


続きを読む、から読んでください。
今回の事件で、なんといっても驚きべきなのは教員がいじめに関与していたことです。

保護者から相談された内容を生徒の前で話した。

いじめられている生徒に人格無視の発言をした。

仮病呼ばわりやうそつき呼ばわりした。


信じられない。

こんなになるまで、何故この教員は処分されなかったの?

わたしなど、昨年「ムカつく!」と言ったら教頭先生に怒られましたよ。

言葉にはどの職業よりも気を使わなくてはいけない仕事です。


ましてや保護者から相談された内容を生徒の前で話すなど、

一体守秘義務というものはどこへいってしまったんだ?


相談された内容を、保護者や生徒にばらすなんてありえない。

教員同士の間でも、伏せなくてはいけない内容だってあるんです。


はっきし言えば異常です。この教員。


わたしも決して、胸をはれるようなことばかりしてきたわけではない。

でも、こんな倫理ゼロで職業意識ゼロなことは絶対にしようとは思いません。


ただ、教育を中から見てきたものとして言いますが、

教員は明らかにおかしい人がたくさんいます。

なぜか?

答えは簡単、学校しか知らないから。

外の常識というものを知らないから。



クライアントの個人情報を他のクライアントに堂々と言う

営業職の人がどこにいますか?

お客様にむかって、人格を否定するようなことを言う店員がいますか?

明らかにケガをしている子どもにむかって、仮病だのうそつきだの、

そんなことを言う大人は異常だと思いませんか?


同じようなことを堂々としてしまうのが教員です。

何が恐ろしいといって、それを決して変だと思わない感性。

この事件を起こした教員が何歳かはわかりません。

しかし、そういう悪しき「教員らしさ」は若い先生方より

ある程度年配の先生方に多く見受けられる。


まったく正反対の対応ですが、生徒にいつも甘い対応ばかりする人も、

外の世界を知らないがゆえだと思うんです。

「これ許してしまっていいの?外の世界では絶対アウトだよ。

許される、と錯覚させてしまう方が残酷じゃない!!」


そう思うこともありました。

地域社会が希薄になってきつつある今、学校という場所が

子どもに社会性を身につけさせる上で重要な役割をしている

ということを、もう少し自覚を持たなければならない。


どれもこれも、学校という空間にしかいないからこそです。

今年学校現場から離れて、つくづくそれを実感しました。

「外の世界を知れ」という神の意思なのかもしれません。


ただ一言。

ちゃんとした教員を育てよう、という環境は整っているのか?

わたしは昨年、大学を卒業して一週間後には通常の勤務をしていました。

民間の企業のように、長い研修期間はありませんでした。

働き始めて、個々の先生方からは色々指導していただきましたが、

全体として、体制として何かしていただいたというのはありません。

講師にそこまで出来ないってことでしょうか。

でも講師だって教諭だって、不慣れな環境に放り込まれて

右も左もわからないのは同じじゃないですか。

自分で考えて行動するべきかもしれないけど、にっちもさっちもいかない時だってあるんです。

教諭として採用された場合は、確かに初任研というのがあります。

でも、それだって担任を持ちながらですよ。

昨年そのストレスから自殺した先生もおられるんです。


もう少し、「教師を育てる」ということも考えて欲しいんです。

本当は。


まだまだ、色々考えることはありますが、今回はこの辺で。

今日は23歳最後の日です。

24歳は、再び教壇に立てることを夢見ています。















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

本当に今回の事件は話を聞いているだけでも腹が立ちますね
相手の気持になれない人に教員になってほしくはないものです…

ブログへの訪問ありがとうございます.
KAZUCCINEさんの考えよく分かります.実は,オジの親が教員でした.小さいころから教員の生態はよく見てきました.おっしゃるとおり,外を知らない..これが問題ですが,社会人は誰でも最初はそうです.必死に知る努力をして,世間知らずといわれないように努力するものです.しかし,先生というものは隔離されてしまいます.さらに,人間ですから,急に先生と格付けされることで思い上がってしまいます.
何せ回りは服従する生徒だけですからね.そんな勘違いをしないようにプログラムが組まれているのですが,やはり,勘違いする例外も出てくるのでしょう.普通は管理職の教頭あたりが指導するのでしょうが,この管理職が曲者で,指導する立場であっても懲罰を下す権限が無い.
懲罰をくだす際は自分も責任を取らされるから,自主的にはしない.
当然隠そうとします.プライバシーを盾に情報公開にも応じない.結局,保護者はくだらないことで裁判を起こすしかなくなる.人間の情よりも組織防衛に躍起になる.社会人としてみれば半端者です.
情報開示をしない集団と問題の協議など不可能なこと.まずは,問われたことに対し情報開示する..この当たり前のことをさせなければならないでしょう.個々の責任追求はそれ以降のことと思います.問題は教育委員会にまで派生する,根の深い問題と思います.

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ところで、いい恋人ができるといいね!!祈ってます。
あなたはどこに住んでいるの?「田舎」ってあるけど・・・・

猫のフーさんのブログに答えてくださってありがとうございます。
教師と言えども人間です。もう少し会社人の方のように社会を知る
事が大切ですね。

Gくんへ

本当に腹がたつでしょう?
それこそ、こんな教師を「反面教師」にして
自分達を省みるようにしたい。
Gくんもきっといい先生になれると思うよ。

リュウ&フーさんへ

教員の個人の問題より、結構システマティックな問題もあると思うんですよ。
正直、こういう事件があると教員は非常に叩かれるので、われわれにとっては
きびしい状況下に置かれていると思います。

ガミガミ横丁さんへ

えっと・・・20世紀梨と鬼太郎が有名な県ですよ。笑
歌手の奥田美和子の出身地でもあります。

Miyokoさんへ

本当にそう思うんですよ。
フランスなど、教師教育はどうなっているんでしょうかね。
そこらへん興味があるところです。

りゅうさんのコメントからとんできました。

私の友達に、有名私立から音大を経て教師になり 20年以上 という女性がいます。。
外の世界を知らない分、とっても純粋で でも 世間一般の感覚とは微妙にずれてて、、、
その「純粋」な部分・・・言い換えれば「少年ぽさが残った部分」が一番悪い形で出たのが今回の事件なんじゃないかな と

でも ひとつ許せないことが。
こうやって一人の生徒を死に追いやるほどのことをした「先生」が
いまだに匿名・顔もモザイクがかけてあって。
どうして実名出せないのでしょうか・・・・?

どれみさんへ

コメントありがとうございます。
ある意味教員の悪い側面が露骨に出てしまった事件ではないかと思います。
自殺した少年が、命をかけて遺した「考えるべきこと」を、
全国の教員、教育関係者たちは真剣に考えなくてはいけないと思うんです。

ところで、「実名報道」には色々な考え方があると思うんですが、
個人的には「見せしめ」としての実名報道は、違和感を感じます。
(どれみさんの意図が違うものであるなら謝ります。)
とても教育者の風上にもおけないこの教員にも、プライバシーはあります。
実名をさらすということはプライバシーを暴くことであり、
そのためにはそれ相応の理由が必要だと思うんです。

わたしは実名報道というのを全く否定しているわけではありませんが、
少なくともこの場合、また現時点でその教師の実名顔写真を出すべきだとは思いません。
ましてや被害者のプライバシーを暴くのはもっての他です。
加害者の実名報道以前に、被害者の実名顔写真は絶対にふせられるべきです。

お返事ありがとうございます。
学校に3人の子どもを預けている立場の親としての気持ちです。

以前 娘が小学1年の時、学級崩壊状態になりました。
参観日に行ってみたら 子どもは机の上を歩くわ、廊下を奇声あげて走るわ。。。
私服のところだったのですが、新しいTシャツを着ていくと 必ずと言って良いほど首が引っ張って伸びて帰ってきていました。

これを煽動した張本人 とされた子(1年生ですよ?)は、学校の措置として転校、後に 実は先生の言葉が その子の言動の発端だったと発覚しました。
その先生は、、、保護者からの度重なる抗議の末。。。

ほかの学校に転勤され、「学年主任」になられました。
「先生」たるもの、「人の先に立って生き方を見せられない」 という行動があったときには、公表の上、免職されてしかるべきかと。
この 事件の「先生」が 匿名であったことを幸い、別の場所で復職されないことを 切に願うのです。。。

学校という場所で、担任の先生を生徒側から選べない今、その「先生」であるまじき「先生」の顔と名前を知り、せめて自衛したい・・・
これは「見せしめ」で彼のプライバシーを暴く行為でしょうか?

どれみさんへ

お返事ありがとうございます。
どれみさんの考え方がよくわかりました。
確かに、保護者には知る権利もありますし、処分の内容として県教委から氏名を公表することもありうると思います。
問題は、真相がいまだによくわかっていないことではないでしょうか。
本人は事実を否定しているようです。
わたし自身は報道された事実は正しいと思いますが、本人が否定している以上、
確証がないのに氏名を公表するのは危険だと思います。
メディアによってプライバシーを破壊されることほど恐ろしいことはありません。
処分を下す権限は県教委にあるわけです。
もちろん処分の内容は公表されるべきですし、その内容に関して意見をいう権利もありますが、
今は県教委に一任するべきだと思います。
なので、現時点での実名報道は時期早尚です。

和江さん

30代シスジェンダー(?)ゲイ。

日本の片隅にひっそりと暮らしている。
お仕事は福祉系。


マドンナが大好き。


リンクフリー、トラックバックやコメント大歓迎です。